メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
090-3927-1237(法燈)
080-2516-4415
(慶雲)

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
 
ブログ カレンダー
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

関西ブログ - 土曜静坐会報告(12月23日)

土曜静坐会報告(12月23日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/12/25 7:54
場 所 :関西禅道場
静 坐 :20分2回
参加者 :Hさん、KTさん、KIさん、KKさん、
MTさん、MHさん、明眼、絶学、泰仁、智常、随心、
法燈、礌石、慶雲    以上14名。
聖侍:明眼、助警:慶雲、直日:法燈

○今年納めの土曜静坐会は各地区合同忘年会の予定を控え、午後4時に合同、静坐を開始した。
○「人数は力」の喩えの通り、引きしまった静坐の後は日ごろは滅多に顔を合わすことのない面々の懇親会が始まりました。型通りの自己紹介もそこそこに各自得意の歌も飛び出し、日ごろの正直な想い、はみんなの共感を誘い、時間の経つのも忘れ、まさに「正しく・楽しく・仲の良い」見本のような有意義
なひと時でした。懇親会の実行委員、礌石支部長以下泰仁さん絶学さん明眼さん智常さん達の「段取り・真剣・後始末ぶり」が徹底した気持ちの良いひとときでした。 
○禅者というと烏滸(おこ)がましいけれども、自利と利他が混然一体化
した集まりこそ理想の集合体であると思います。
  12月24日 福原慶雲 記

「禅林世語集」(京都其中堂発行)より
○昨日見し人はと問えば今日はなし明日は我が身を人に問わるる
○昨日見し人はと問えば今日はなし明日また我も人に問われん(日蓮上人)
○昨日見し人はと問えば草むらに露と答えて秋風ぞ吹く
○昨日より知らぬ明日のなつかしや元の父母ましませばこそ(二宮尊徳) 
○昨日よりも あすよりも今の 桜かな
○君と別れて又いつ逢える明けて三月茶摘み頃
○君と別れて松原ゆけば松の露やら涙やら
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (95)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/kansai/modules/d3blog/tb.php/417