メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
075-982-2456

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
ブログ カレンダー
« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

関西ブログ - 土曜静坐会報告(11月11日)

土曜静坐会報告(11月11日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/11/13 7:48
場 所 :関西禅道場。
静 坐 : 45分2回、
参加者 Iさん、KSさん、KKさん、坂東居士、法燈、礌石、慶雲  7名
聖侍:坂東、助警:慶雲、直日礌石

〇11月初旬の夜の道場はやや寒く、三日前の市民静坐会の終了後、Hさんに用意して戴いた、石油ストーブを早速利用させていただきました。
前回の静坐の時、暫らく振りの「経行」を行いましたが、今回も2回目の静坐
の際「経行」を行いました。
・・・坐禅会は寒さや足腰の痛さを我慢する「我慢会」ではなく、気持ち良く正しく坐るのが坐禅の醍醐味というものです。経行は眠気を覚ます効果もあります。・・・
「動中の工夫は」、「静中の工夫」に勝ること万々倍と言われています。しかし、これは日常生活の真っただ中での「正念の工夫」の大切さを強調するものであり、静坐そのものを軽んずる意味ではありません。取り違わないこと。2017/11/12
福原慶雲 記

「禅林世語集」(京都其中堂発行)より
○勘平さん 三十になるやならずに 死にやった
○通う千鳥の心も知らで主はじらして淡路島
○空(から)池(いけ)に 水溜まりけり 夏の雨
○傘のさしたる罪はなけれ共人に張られて雨に打たるる
○唐崎の松は二つに見えにけり寄せ来る波に影を映して
〇鳥ないても知れそなものよ明け暮れお前の事ばかり
○雁鳴きて菊の花咲く秋はあれど春の海辺に住吉の浜。(伊勢物語)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (15)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/kansai/modules/d3blog/tb.php/404