メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
075-982-2456

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
ブログ カレンダー
« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

関西ブログ - 今里静坐会報告(9月14日)

今里静坐会報告(9月14日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/9/15 12:08
9/14(木)に宝厳寺(大阪市東成区神路3-17-8,新深江駅,下図参照)で,(第一部)第150回今里静座会(18:30~20:00)と,(第二部)第13回「大阪で夜一番遅い座禅会」(20:30~22:00)が開催されました。第一部はSIさん・MAさん・MSさん・鶴井随心さん・坂本法燈が出席し,お寺の和尚さんも参加されました。第二部はTさん・SAん・MSさん・鶴井随心さん・田倉明眼さん・坂本法燈が出席しました。
 第一・二部とも,最初に般若心経を唱え,30分間の座禅を2回座りました。その後,第一部は,人間禅師家一宇庵小野円照老師著「禅入門」(誕生仏33~36頁)を輪読しました。輪読内容は,①釈迦が誕生したときに天上天下唯我独尊と言ったという故事は,釈迦が仏性を悟り仏として誕生したときのことを述べたものでその時の境涯を表現したものであり,奇跡でも神秘でもない,②仏性は唯一絶対のもの自体であるから相対界を絶して天上天下われ一人であり,天地と我と同根万物と我と一体という境地は唯我独尊に違いないわけである,③これを誕生仏として赤ん坊扱いするのは,迷界にいた人がやっと悟りの世界に出て生まれかわり誕生したばかりであるからである,といったことでした。そしてこれに関連して,①禅や仏教では,人が自己の本心本性を尋ねて行きこれを徹見して本当は仏であると気付き体得すると,全ての自他の境界が消滅して(畔が切れるともいわれる)自他不二となってしまい自己も汝もさらには宇宙の万物も全てが本来ひとつの仏であり,天上天下唯我独尊・山川草木悉皆成仏であるという悟りに至るのであり,これが最初の見性といわれるもので禅や仏教の一丁目一番地であるといわれる,②この悟りに至るためには,数息観の究極の目標である数息三昧を深めていくこと即ち,数息の一燈が明るくしかも微動だにせずズーッと持続し,呼吸を数える自己と数えられる呼吸とが不二一如となり,しかもその数息を観察する自己も消えて本当の数息そのものになりきることが肝要であります(正念の一貫相続)。数息観こそは,まさに人間が生きながらに無限絶対の世界に入る唯一の道である三昧力を養う基本であり,古来数息観は座禅の最も初歩であるがまた最も究極であるといわれているところであります(ただこれにより道力が養われるが真に転迷悔悟の実をあげるためには参禅により道眼を開くことも必須である),といったようなことを話し合いました。
 第二部は総裁老師著「人間形成の禅-その効用・効果について-その11自利利他と慈悲心23~24頁」を輪読し,これに関連して,①人間禅では「正しく楽しく仲よく」を目標としているところ,正しくとは真理に合掌することであり,楽しくとは自己の仏性に合掌することであり,仲よくとはお互いの仏性に合掌することであるといわれる,②自己と他(汝・世界)は本来ぶっ続きの仏そのもので不二一如で一体のものであるから,自利は即利他となり,利他が即自利となるのは至極当然のことである,といったようなことを話し合いました。
 次回の今里静座会は,9/28(木) 18:30~20:00に宝厳寺で開催いたします。(なお第4木曜日の静座会後には随時懇親会を開催しています)
 その後の今里静座会の予定は,10/12(二部構成),10/26,11/9,11/23,12/14,12/28,(h30)1/11,1/25,2/8,2/22,3/8,3/22を予定しています。なお,H28.9月からは第2木曜日には二部制として「大阪で夜一番遅い座禅会」を20:30~22:00に開催しています。
 奮ってのご参加をお待ちしています。
 よろしくお願いいたします。
                                      坂本法燈 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (33)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/kansai/modules/d3blog/tb.php/386