メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
090-3927-1237(法燈)
080-2516-4415
(慶雲)

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
 
ブログ カレンダー
« « 2017 6月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

関西ブログ - 水曜静坐会報告(6月28日)

水曜静坐会報告(6月28日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/6/30 19:10
日 時 :6/28 (水) 14:00~16:00 
場 所 :関西坐禅道場
静 座 : 45分2回。
参加者 :坂東居士、慶雲、以上2名。
聖侍:坂東、直日;慶雲

〇地元会員二人だけの静かで平和そのものの静坐会であった。礼によって水曜日の午後2時丁度に1回目の坐禅を開始し、2時45分まで例によって例の如く坐り、5分後の3時50分から4時35分まで再び45分間の静坐を行ないました。
○地元会員二人だけの静坐会であったので、市民静坐会の経緯を振り返り、今後の有り方について考えてみたい。
○平成21年3月11日(水)・・・慶雲が関西支部の耳順会(壮年部)代表に任命され、関西道場に人の気配を感じさせることも必要と思い立ち、毎週水曜日の午後に道場にて坐禅・作務・書見等一人にても実行しようと決心し、即、実行することとした。
○平成24年6月6日(水)・・・慶雲一人で水曜日の午後独坐し続けていた所地元松花堂庭園の近くにお住いのHさんがひょんな機縁で坐りに来られた。以後二人で仲良く坐り続け、以来6年続いている。
○坂東さんが現役を退かれて以来は、Hさん同様、ほぼ皆勤で参加されています。慶雲を加えての3人は文字通り地元の八幡7市民である。八幡市は人口7万人の小都市であるが、南隣の枚方市は人口40万人の大都市であり、今後多数の参加者が望めるものと期待しています。 
2017/6/30
福原慶雲 記

「禅林世語集」(京都其中堂発行)より。
〇大原女(おはらめ)のいただく薪(たきぎ)匂(にお)いしは梅の一枝添うるなりけり。
○大(おお)旱(ひで)り争(あらそ)う水もなかりけり。
○大晦日(おおみそか)定めなき世の 定めかな。
○大晦日 正月元旦の隣なり。
○大水の前に流るる橡(とち)殻(から)も身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ。
○大雪の 海に消えこむ静けさよ。
○大雪や 婆独り住む藪の家
○起きて見る寝て見る蚊帳の広さかな。(浮橋)
(起きて見つ寝て見つ蚊帳の広さかな。)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (103)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/kansai/modules/d3blog/tb.php/357