メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
075-982-2456

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
ブログ カレンダー
« « 2017 6月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

関西ブログ - 市民静坐会報告(5月24日)

市民静坐会報告(5月24日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/5/26 7:43
日 時 :5/24 (水) 14:00~15:00 
場 所 :関西坐禅道場
静 座 : 45分2回。
参加者 :Hさん、坂東居士、慶雲。以上3名。
聖侍:坂東、直日:慶雲

〇188回摂心会直前の市民静坐会は、地元常連3人のみでの静かな静坐会で  あった。お仕事を持つ人達の摂心中のスケジュール調整など工夫すべき問題も有ろうかと思われますが、出来るだけ多くの方達が参加されますよう期待します。心の垢が落ちてスッキリした気分が味わえること間違いなしです。
2017/5/25
   福原慶雲 記
「禅林世語集」(京都其中堂発行)より。
〇得手勝手渡世いとなむ片手間に 慈悲と念仏かねて忘るな。
○江戸で紫京都で浅黄 伊勢松絞りの色のよさ。
○江戸は紺 京は烏紺で 有馬絞りの程のよさ。
○遠州浜松広いようで狭い 横に車が二丁たたぬ。
○炎天の 火をふきそうな鬼瓦。
○縁は切れても思いは残る 草は焼けても根は残る。
○衿(えり)の楊子(ようじ)がもの言うならば 掘って聞きたい主の胸。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (24)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/kansai/modules/d3blog/tb.php/346