メインメニュー
人間禅 関西道場


関西道場

京都府八幡市橋本東原28
075-982-2456

連絡はお問合せをお使いください。
お問合せはこちらをクリック
ブログ カレンダー
« « 2017 8月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google

関西ブログ - 市民静坐会報告(5月18日)

市民静坐会報告(5月18日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
関西支部 2017/5/18 7:58
日 時 :5/18 (水) 14:00~15:00 
場 所 :関西坐禅道場
静 座 : 45分2回
参加者 :Hさん、坂東居士、秀香、随心、法燈、慶雲。以上6名
聖侍:坂東、助警:慶雲、直日:法燈

〇今回は秀茶会があり、賑やかな市民静坐会となりました。
静坐終了後はお茶のお稽古が始まるまでの時間を利用して、坂東居士が企画した故耕雲庵老大師の講座記録「新編碧巖集講話」の朗読会が行われました。体調の芳しくない慶雲は定刻の15時に帰宅の途に着きましたが、秀茶会の世話役もされている支部長の宮井礌石さんは車の渋滞に巻き込まれたためか、道場には未だ到着されませんでした。
   2017/5/17  福原慶雲 記

「禅林世語集」(京都其中堂発行)より

〇絵に写し木にも造りし仏(ほとけ)達(たち) 皆わが胸におわしまします。
○絵にかきし餅は喰われず世の中は 真でなければ間には合わぬぞ。
○餌を運ぶ親の情の羽音には 眼をあかぬ子も口をあくなり。(二宮尊徳)
○江(え)を隔て横に走るもさる事や それこれなしに直(じき)にうなづけ。
○栄華とは栄える花と書くなれば 咲いて乱れて後は散るなり。
○回向するとて仏の前へ 二人向かいて小鍋だて。
○枝を折る人に香るや 梅の花。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (43)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/kansai/modules/d3blog/tb.php/343