メインメニュー
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
トップ  >  座禅の仕方
参考に、実際の座禅の仕方を載せますが、はじめての方は、お近くの座禅会に参加し、
きちんとした指導を受けることが重要です。

 

1.環境を整える

環境 :適度な明るさの屋内で、清潔かつ静かな場所が適しています。
   


時間 :線香一本が燃え尽きる時間(約45分)が基本ですが、初心者は15分位からはじめ、
      少しずつ座る時間を長くすると良いでしょう。
          また、座りやすい時間に、毎日座るようにします。
          空腹時や食事の後1時間位は、避けたほうがよいでしょう。


服装 :袴の着用が望ましいですが洋服でも構いません。
          ただし、ゆったりしたズポンまたは ジャージのようなものが適しています。
          女性でスカートを着用する場合は、長めのフレアスカートが適しています。


2.座り方  - 調身、調息、調心

 調身  - 姿勢を調える


       座具 :まず厚めの座布団を一枚下に敷き、その上に自分に合った高さの座蒲(ざふ)を敷きます。 
                  座蒲がない場合には、座布団を二つ折りに折って重ね、それをお尻の下に当てます。
                  蒲団の高さは、 各自で加減して決めます。最も安定感を覚える高さがよいと言われています。


座蒲(ざふ)と下の座布団  座布団の二つ折り

足の組み方: 結跏趺坐(けっかふざ)ができない場合、半跏趺坐(はんかふざ)、
                   両方ともできない場合、正座(せいざ)で行います。
                   どの座り方でも注意しなければならないのは
膝が浮かないようにすることです

                   また、足が悪い方は、椅子に座って行うことができます。


 

結跏趺坐(けっかふざ)

右足を左ももの上にのせ、
左足をみぎももの上にのせます。


 
半跏趺坐(はんかふざ)
 
どちらかの一方の足を反対のももの
上にのせる。
足の組み方は右をのせても左をのせてもかまいません。
日本坐(にほんざ)

結跏趺坐も半結跏趺坐もできない場合には、正座で行うこともできます。
正座の場合にも、お尻の下に折った座布団を敷いたほうが姿勢が安定します。

 




姿勢:座蒲の上に、五輪の塔を据えたような気持ちで、背筋をピンと伸ばします。
        顔は正面を向いたまま、顎を引きます。
    
    口は軽く結んで、舌は上あごの内側に付けます。
        
    身体を前後左右に、初めは大きく、次第に小さく揺り動かし、最も安定した位置、
    すなわち真ん中で止めるようにします。

 

姿勢

1.膝が浮かない

2.尾てい骨と膝で作った三角形の中心 
  に重心が落ちるようにする

3.耳と肩が相対する

4.鼻と臍が相対する

 

手の組み方

 1.両手のひらを上に向け、
   右手を下に左手を上にして重ね、
   両手の親指がかすかに触れる程度に
   合わせる。
   これを法界定印(ほっかいじょういん)
   という。


 2.これを宙に浮かせず自分の体のほうへ  
   引き寄せます。


 3.肩や肘の力は抜く。


 

             


眼:まず、まっすぐ前方を見て、視線は1メートル位前に落とします。
     にらんだりせずに視線をそこに止めておくことが大切です。
    これを半眼(はんがん)と言います。
眼を閉じてはいけません。




調息―呼吸を整える

  呼吸の仕方:まず肺の中にたまっている空気を全部吐き出し、吐き出しきったところで大きく  
                    息を吸い込みます。 
        ・・・これを欠気一息(かんきいっそく)といいます。
            これを2~3回繰り返し、あとは自然の呼吸に任せます。

    

よく深呼吸や腹式呼吸をするように説く人がありますが、そんな必要は毛頭ありません。  
 
ただ、自然に深く大きくなったのなら、それはそれでよろしいので、要するに意識的な呼吸をしないことです。
あくまでも自然にしたがうのが安楽の法門たるゆえんです。強いて下腹に力を入れる必要もありません。
強いて力んで胃部に力が入るのは、特に禁物です。「気海丹田に力を入れろ」などと書いた本もありますが、全く余計なことで、下腹に自然に気が充実してくるのならそれも宜しいでしょうが、あくまで自然であるということが要点です。

 
調心―心を調える


  姿勢を整え、呼吸を調えたあと、心を整えます。そのために、数息観を行います。
        
 数息観の仕方はこちらです。→数息観の仕方

プリンタ用画面
カテゴリートップ
TOP
次
数息観の仕方

Copyright © 2015 Ningenzen