メインメニュー
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

ブログ - 最新エントリー

岡山坐禅道場から「餅つき」の便り

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
茨城座禅会 2019/1/20 15:40

茨城支部 三浦元真です。
岡山県岡山市に岡山坐禅道場があります。岡山禅会の大先輩から餅つきのメールが届きました。
以下にご紹介致します。お正月の風景です。

以下

年始の餅つき:平成31112日(土)午前の作務にて杵を振り下ろす都度、「石臼打つな、餅をめがけて打ち込め」のかけ声と、的外れな打ち方で笑い声。杵に餅がくいつき、なんとなんと地面にボタッと2度落とす、爆笑。




石臼は徳島県山岳地農家と石野法達居士が備前から持参
農家提供の石臼はなんとなんと、「ひび割れ」があり龍光庵老居士がワイヤーで縛りつけ、永久に餅つき可能。


1本、高知県南国市農家の友人が寄贈。
蒸籠・杵は高知大から借用。次回は道具を自前で揃えて餅つきを。合掌


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4)

慧日庵老禅子のフェイスブックから

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
茨城座禅会 2019/1/20 13:58

茨城支部 三浦元真です。
慧日庵老禅子のフェイスブックから「ママたちの禅講座 第3回」です。

お母さん講座の振り返り&メモ3

うちの息子たちが小学生の頃、授業参観の後の保護者会で、お手伝いをどうやったらさせられるか、という議題がしばしばあった。
皆さんおこづかいをあげたり、ご褒美を出したり、はたまた当たり前だと厳しくしつけたりなどされているようだった。
息子たちは1度も、と言いきるが嫌がることはなかったし、大学生になった今朝も、私が昨夜朝5時までロータリーの講演録を書いていたので9時に起きると、ゴミ出しも洗濯もしてあった。

これは私の手柄ではなく、ふりかえれば禅の考え方が生活にあったからだ。
私は子どもが小さい頃から、「お手伝い」という言葉はこの世に存在しません、と言ってきた。
この世に存在するものに本来上下も優劣もない、共同体はそれぞれの質に応じてすでにその時点で完成である。だから親も子どももできることをすることで共同体は円満に機能するのだから、ゴミをひとつしか持てなくてもそれが応分なら充分なのだ。
根底には子どもであってもひとつの尊厳をもった個体であるので所有物という感覚は私にはなかったし、たまたま扶養し、年長者なので何かと助ける立場ではあっても命令などできる関係にはないのが真実だ。
自分が産んだ、自分よりはるかに大切なものであるという思いと共に、そもそも同格なかけがえのない存在を尊重する禅の精神は私の中に第1の真実としてある。

尊重しているからこそ、お手伝いという概念はない、と言ってきたのだが、それは将来社会でもそれはまったく同じてあると身体で知っていてほしかった。

先日連れ子の虐待の話をしていた時、次男が、もし僕たちが子どものいる人と結婚するとか言っても、お母さんはその連れ子を平気で可愛がるね、と言ったので、私の生活の禅も少しは守れたのだろうかと合掌した。


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3)

茨城支部 三浦元真です。
日曜静座会のご報告を致します。日曜静座会は毎週日曜日、早朝6:15から8:00ごろまで実施しています。参加者は6名です。最近は新しい方の参加が増えております。寒い中ですが皆さん参加されています。
坐禅に関心のある方、興味がある方、気持ちの熱い方、
お待ちしていますね。


抹茶を頂きました。朝の楽しい会話と共に。 


私は趣味でギターを18歳から弾いております。エアロスミスやエリッククラプトンが大好きです。来日の時は必ずライブに行きます。邦楽ではアンサリーの「蘇州夜曲」(YouTubeでみれます。お薦めです)が好きです。
洋楽、邦楽幅広く聞いてます。作詞作曲を高校三年生から続けております。

Gibsonのジャズギターとマーチンのアコースティックギターを持っています。今は職場の介護老人福祉施設にて日本の古い歌を歌っています。日本の昔の歌は素晴らしいものがたくさんあり楽しいです。音楽好きな方も坐禅をしてみませんか?


音楽と坐禅は「なりきる」ところが同じです。
本気になってやると必ず力がつきます。

音楽好きの方!坐禅にチャレンジしてみませんか?お待ちしております。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1)

慧日庵老禅子のフェイスブックから

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
茨城座禅会 2019/1/15 21:00

茨城支部 三浦元真です。
慧日庵老禅子のフェイスブックからご紹介致します。「ママたちの禅講座 第2回」です。

見守ることと放置や放棄は違うのだが、口うるさくならないようにと黙るママ。しかしいまだのんびり宿題をやらない子にイライラする。人によってはここで堪忍袋の緒が切れるか、忍耐で黙り続けるかになる…
。このお悩みは実によく聞く。

しかし、これはイライラしてはいるが、子育てにおいては放置、と認識した方がよい。
見守るとは、命令しないことであって、自分でやろうとすることを助ける立場にいることをいうのだ。人生が未熟な子どもに判断を丸投げするのは年長者のすることではない。

どのくらい時間のかかりそうな宿題なのかを聞き、うーんそれは過小申告だな、などと把握しておき、言う通りにさせて失敗させるもよし、いや今回はさせるべきだ、と判断するなど、細やかに配慮することはいくらでもある。

子どもが親に言われてやった、と思わないように、なんだボクちゃんとできちゃった、と思えるように「こっそり技」を磨こう。
なに食わぬ顔で、へえーもうやったの?すごいねー、と感心しよう。

私たちのご褒美は、今の子どもには意識されない積み重ねの先にあると思うな。
がんばろう、ママたち。


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (13)
茨城支部 三浦元真 です。
慧日庵老禅子のフェイスブックからご紹介致します。慧日庵老禅子は多方面にわたり活躍されていますが、「ママたちの禅講座」開催されています。是非皆様とシェアしたく思い第1回の「ママたちの禅講座」をアップさせていただきます。

以下慧日庵老禅子のフェイスブックから

第一回の「ママたちの禅講座」を実施。声かけしてくれた皆さんありがとう。
子育ては決断の積み重ね。
おもちゃを買うか買わないか、ほめるか叱るか、タイヘンだ。
ママ側から見て、つい善悪の判断をして迷うが、子どもの行動は現象なので、その背後に因果のあるのだから、なぜそういう現象が成されたか丁寧に見たいものだ。

漠然とほめるのも良くない。書道の指導をしていても、細かくどこが前より良くなったかなど、具体的に正当に努力を認めることが何より大事だと感じる。

魂は子どもでも同等である。命令はダメだし、そもそも人を操作することはできない。
親の務めは子どもが自分を好きでいて、自分を尊重できるように見守ることだが、これは親自身がそのように生きていないとできない。

うまくいかないときは、何であれ自分自身とうまくいっていないときだから、子育ては自分育てだと思うことだ。
お母さんたち、がんばろうね


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (14)
茨城支部 三浦元真です。
本日日曜静座会に参加して来ました。6名の参加です。朝で、家をでる時とても寒いですが、道場の本堂はエアコンが入り快適です。お茶室の前に「霜柱」があり毎年見ているのですが、なんとも力強さを感じます。

終了後に抹茶を頂きました。2月2日から潮来坐禅道場にて摂心会(せっしんえ:本格的な禅の会:トップページにスケジュールあります)が開催されます。都合の良い時間だけの参加で大丈夫です。様子を見に来られませんか?お待ちしております。

では、また。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (13)
茨城支部 三浦元真 です。
平成31年1月2日に潮来坐禅道場にて新年互例会を行いました。今年も総裁老師様、千鈞庵老師様をお招きしております。総裁老師様から年頭の言葉を頂いた後に記念写真を撮りました。今年も幼なじみの熊谷竜安居士夫妻がきてくれました。皆で仲良く正月料理を頂いています。

楽しいひと時を過ごしました。さて、今年も頑張ろう!!!

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (10)

新年の寄せ書き 潮来坐禅道場

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
茨城座禅会 2019/1/12 13:22
茨城支部 三浦元真です。
平成31年になり無事新年を迎えることが出来ました。今年の元旦も朝6時から元朝静座会に参加して
北浦湖畔で初日の出を見ました。とても寒いのですが、清々しく新年を迎えることが出来ました。
会員の方は新年道場に始めてくると寄せ書きをしています。寄せ書きは全国の道場に新年の挨拶で送ります。墨で書くのですが、風情があります。写真を添付しますね。


下の写真は本堂の正面に飾られている生け花です。石心庵老居士が活けられています。



新年明けました。毎週水曜日18:30から、毎週日曜日6:15から静座会を開催しています。
2月2日(土)から9日(土)まで本格的な禅の会を開催します。ご都合の良い時間にお待ちしていますね。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7)

本部道場 新年互例会 報告

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
茨城座禅会 2019/1/5 22:03
茨城支部 三浦元真です。
平成31年1月3日 本部道場にて新年互例会がありました。

竹が素敵な本部道場の茶室です。優雅な時間です。

      謹賀新年

今年も 俳句会がありました。石心庵老居士が入選しました。
正月が無事に終了して一安心です。今年もよろしくお願いいたします。 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (33)

平成31年 新年互例会 報告

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
茨城座禅会 2019/1/5 21:56
茨城支部 三浦元真です。
平成31年1月2日に潮来坐禅道場にて新年互例会を開催致しました。

11時から茶礼があり総裁老師から垂示がありました。

お茶室にて抹茶を頂きました。

総裁老師と千鈞庵老師のツーショットです。

仲良きことは美しきかな。今年も始まりました。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (30)
Copyright © 2015 Ningenzen