メインメニュー
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

ブログ - 慧日庵老禅子のフェイスブックから

慧日庵老禅子のフェイスブックから

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
茨城座禅会 2019/2/14 21:17

茨城支部 三浦元真です。
慧日庵老禅子のフェイスブックから「ママたちの禅講座 第5回」です。

ママたちの禅講座振り返り&メモ5

悩みは現象で、因果の集合体である、と仏教では考えるが、お子さんの悩みで多いのが、「なんでこうなる?」というもの。不登校などの深刻なものでも、「この子をどうしたらいいのでしょう?」と尋ねられる。
ただ気になるのは、現象を構成している原因に、自分が勘定に入っていないことがかなり多くあった。
むしろ要因が動けば、現象は変わるものだと考えてはいかがだろう。

前回も書いたが、子どもはお母さんを大好きで、何気ない一言に一喜一憂しているのを書道でもよく見る。
皆に好かれる良い子、勉強ができる子、人気者の子…親はできるだけ上手に生きていってくれるように思いやるからそう言うのだが、じっくり話していると、親自身が支配的な親に育てられていたり、自分の劣等感によって、「ねばならない」に支配されている場合がかなりあると感じる。(次回に続きます。では、また)


 


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (36)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/ibaraki/modules/d3blog/tb.php/389
Copyright © 2015 Ningenzen