メインメニュー
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

ブログ - 消防団活動で思ったこと

消防団活動で思ったこと

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
茨城座禅会 2018/9/18 1:42
水戸支部の針谷昌利です。

私は、地元の消防団に入っております。
近隣の自治会の人達15名で1分団として活動しております。
皆さん、御仕事をしながら、自分の生活をもちながら活動しています。

消防団の活動で、8月にポンプ車操法大会という大会がありました。
9月9日には、今度は、市のポンプ車操法大会がありました。
ポンプ車操法というのは、youtubeに動画があがっていますが、6名で消防車を使って、またホース、とびぐちといった道具類を使い、その一連の動作のタイム、間違いなく消防車や道具類を使いこなせているか、その所作などをみて採点し、優劣を競います。
9月9日に行われた大会で優勝した分団の実技に、私は目が釘付けになり、うーんと感動しました。
操法というのは、単に道具類を使いこなすだけではなく、一挙手一投足まで細かく決められています。その一挙手一投足が、実にピタッピタッっと過不足なく決まっていて、また、声を出す場面では、気合いのこもった本当に素晴らしい声が出ていました。

その時私は、道場での一場面を思いだしました。
本部道場で行われた摂心会で朝のお茶席にお相伴にあずかった時です。
人間禅岐阜禅会長の渡辺玉蘭さんのお点前を見て感動したのを思いだしました。
私は茶道の事は全くわかりませんが、玉蘭さんの所作にうーんこれはとなり、凄いと感動致しました。
私の中で消防のポンプ車操法と渡辺玉蘭さんのお点前に通ずるものがあったのです。

そして、自分の消防団における活動を反省致しました。
もっと一生懸命に取り組み、三昧になろうと思いました。

感動をし、反省をし、いい日曜日をすごす事が出来ました。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (69)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/ibaraki/modules/d3blog/tb.php/328
Copyright © 2015 Ningenzen