メインメニュー
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

ブログ - 最新エントリー

茨城支部 機関紙 道心「かわら版」63号から かしま灘楽習塾のご報告

かしま灘楽習塾(鹿嶋市「市民講座」) 
No18-A-16 「剣禅一味」―直心影流法定の型の稽古― 講師 佐瀬霞山
毎月第2土曜日 18時30分~20時30分 茨城坐禅道場  
第9回講座2月9日(土)摂心会中、円了日に実施。
3月は年度切り替え休講   
No 18-A-17 「心の俳句」  講師 三浦大元
毎月第2火曜日 13時30分~16時 鹿嶋市まちづくり市民センター 202室
第10回講座2月12日(火)句会 兼題(「白鳥」「冬鳥」関連)
高点句
< 水面を色濃く染めし浮寝鳥 >        恒子
< 風に舞い木々にとまるは垂(しず)り雪 >      恒子
< 青春や胸を目掛けて雪つぶて >       義信
< 轍無き雪の墓参も我日課 >         望嗣
< 北浦の餌守の桶の群千鳥 >         望嗣
< 幼子のほんわかりんとちゃんちゃんこ >   義信
< 群れ騒ぐ中に鵠(くぐい)の雅かな >         望嗣
< 白鳥はコンビナートを借景に >        勇
< 今朝の雪眠りしスコップ引き出しぬ >    恒子
< 野良猫の寛ぎ居りし落葉かな >       元子  
勉強会 (数詞の生かし方) 次回兼題(「山菜」「土筆」「蛙」関連)
3月は年度切り替え休講
No 18-A-18 「心の教育を考える」―坐 禅― 講師 三浦大元
毎月第2水曜日 19時~21時 茨城坐禅道場  
第10回講座2月13日 (水) 一炷香坐禅(45分)
購読「坐禅の効用」(十三)人の香りが醸し出される効果
(十四)禅の功徳は無限大
(十五)禅の功徳は求めるものではない(蛇足)
お茶・懇談会・質問  各自に修了賞を授与しました。
    3月は年度切り替え休講
No 18-A-19 「茶禅一味」―禅語を味わう―  講師 三浦大元
毎月第3水曜日 19時~21時 茨城坐禅道場
第10回講座 2月20日(水)  『新版一行物―禅語の茶掛―』拝読
 3月は年度切り替え休講
講 演 会   1月27日(日)10:00~11:30   かしま灘楽習塾講堂
―私の野球人生―「野球から学んだこと」
講師 中島彰一(新日鉄住金鹿島製鉄所野球部監督)
塾関係者、一般参加者を含め71名の参加が有りました。中島監督の高校時代の取手二高での全国制覇や、今年度の都市対抗住金鹿島の準決勝進出の、スライド・ビデオを含め監督の野球への信念、選手への思いやり等「野球人生を」語って頂きました。鹿島高校の生徒さんからの質問も有り盛会裏に終わりました。中島監督有難うございました。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (180)
茨城支部 機関紙 道心「かわら版」63号から

4回水戸支部 摂心会 
1月16日(水)~20日(日) 伏龍庵老師 水戸市農業実践学園
結制茶礼に先立ち、望月松風居士の火大級進級式(絡子授与式)を執り行った。今回は参加者が少なかったが、茨城支部の石心庵老居士、林道清・浜田水雲居士の参加、ご支援をいただき摂心会を営弁できた。作務については、連日、天候に恵まれ、長年取り組んできた竹藪の切り開きをほぼ終了し、また竹藪下の大量の廃棄物の運び出し・分別を完了した。法定の形は加藤先生のご指導のもと、連続技の稽古を行い、最終日には仕上げとして稽古を神前に奉納した。(奕堂支部長報告より)

磨甎庵劫石老師第11回忌本部法要
2月10日(日)11:00~  人間禅本部道場  導師 葆光庵春潭総裁老師
茨城支部より石心庵老居士、林道清、元真支部長が出席しました。

2月10日(日)11:00~ 本部道場 石心庵老居士がオブザーバーとして出席されました。
(1)春期本部諸行事(2)71周年記念式と第6世総裁推戴式(3)2019年度特命・総務・監査体制(4)2019年度名誉総裁・総裁日程(5)参加者名簿に関する規定の改定(6)本部決算状況(7)保育事業の決算状況(8)KUJの決算状況(9)耕雲会の決算状況
(10)老師方への謝礼の見直し(11)企業研修プロゼクト(12)若者・青年への資金援助(13)岡山禅会空調機設備への助成(14)保育園へのAED導入(15)その他
について検討がされました。資料が掲示板に有りますので確認をしておいてください。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (178)

慧日庵老禅子のフェイスブックから

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
茨城座禅会 2019/4/7 15:41

茨城支部 三浦元真です。
慧日庵老禅子のフェイスブックから「ママたちの禅講座 第6回」です。

前回からの続きです。

 

好き嫌いそのものは、子どもの成長に欠かせない。ますはそこを受けとめよう。
選んだオモチャにすぐ飽きてチョイスに失敗したら、飽きられたオモチャの身になって、「もういらない」と、「だから粗末にし捨てる」とは別物だと話し合ってはいかがだろう。無理に好きになる必要はない。が、いらなくても大切に扱うことはできる。人間関係にも重要な視点である。

好き嫌いがハッキリするとは、嫌いだから意地悪する、ということに結び付かない、それが大人になっていくことだし、自尊感情にもつながると、教える良い機会にもなる。

粗末を目の前の正義感に結びつけて叱ったりしなくても、もしかして後年思い出して可哀想なことをしたな、と鮮やかによみがえることもある。
小さい子に、今、成果を期待せずに、長い目で課題をこちらが持ち続けていて、何かの折に役立てることもできる。

子どもには自分で選択をさせ、失敗したら、失敗を良い悪いで見ずに、学びの機会にいかに変容させられるか、これは親の腕の見せ処だと受けとめよう。大人だってしょっちゅう失敗しているのだから。
くれぐれも、お母さん大好きの
気持ちを逆扱いして、自立を阻害しないように。気持ちを押さえてしまった一見の良い子の姿に惑わされないように。
がんばろうね。お母さんたち
まずは、私たちがそんな風に生きてるかだよね。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (23)

慧日庵老禅子のフェイスブックから

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
茨城座禅会 2019/3/30 16:26

茨城支部 三浦元真です。
慧日庵老禅子のフェイスブックから「ママたちの禅講座 第6回」です。

言うことを聞かない子も大変だが、自立させるのはなお難しい。

2歳くらいの子が、おもちゃを赤にしようか青にしようか迷っていたとする。
昨今の親は、自立が大事、子どもの意思を尊重するべき、と、「自分で選びなさい。」と言う。
子どもは迷ったあげく赤を選んだ。
しかしすぐに、やっぱり青がほしいと大騒ぎ。
こんなとき、あなたはなんと言いますか?
「自分で選んだんでしょう
そう、ここで引いては自立できなくなる、責任を取ることも教えなきゃと考える親は多いですね。

しかし、実はこれを繰り返すと、子どもは自立できなくなる。
子どもはまだ人生数年である。チョイスに失敗して当然なのである。しかし失敗体験を積ませてしまうと、やがて子どもは自分の選択に自信を失う。

この話を茶飲み話でしていると、お母さんの中には、「私は30過ぎても男選びで失敗したわ。責任取って生きるの辛いわ」皆密かに思い当たるチョイスの失敗に思いを馳せる。

そう、子どもはこれを繰り返すと、自分の選択は失敗する、と思うようになり、そのうち大切なお母さんに叱られるくらいなら「お母さんの好きな方でいいよ。」と心の中で選択を放棄してしまうのだ。

今、40才過ぎて自己実現し損ねて、自分はいったい何がしたかったのだろう、とウツになったり生きることを止めたくなったりする男性が増えているそうだ。人生は選択の連続なのに、トライ&エラーの練習問題を解かずに来たためだ。
きっと周りの価値観に合わせて、いつの間にか自分を見失ってしまったのだろう。こういう人に限ってとても心優しい人だから話を聞いていると本当に辛い。

自己実現とは何か。
簡単に言えば、好き嫌いがハッキリしていることなのである。
 これ美味しい。
 今日の空はなんて青くてキレイ。
 こんなことされたら私は嫌なの。
 私はこれをしたいの。
 私の幸せはこうすることなの。

アメリカの有名な心理学者の結論。
神経症の人とは、私はこれが嫌いです、の一言が言えなかった人。
(次回につづきます)


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (29)

茨城支部機関紙 道心 かわら版 63号から

95回茨城支部 摂心会 
平成31年269  千鈞庵老師  潮来坐禅道場


今回は老師の御都合で短期摂心会となりました。摂心会新規参加者が3名となりました。静座会から2名、ホームページを見て参加された方が1名いて3名とも面談することが出来ました。今回の作務では道場の裏と勝手口の大きな椎の木を切り、すっきりすることが出来ました。抱石庵老居士には全日程詰めて参加して頂きご指導頂きました。円了後、磨甎庵劫石老師の第11回忌支部法要を行いました。(元真支部長報告より)


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (22)
茨城支部 三浦元真です。
平成31年3月24日 日曜静座会に参加してきました。6名の参加でした。



日曜静座会の後、道場の庭でつくしを見つけました。春が来ました。

今年も梅の花が綺麗ですね。暖かくなり、参加しやすい時期になりました。
皆様、静座会にお待ちしていますね。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (24)

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (23)
茨城支部 三浦元真です。
平成31年3月2日(土)に坐禅体験教室 & かしま灘楽習塾 剣道の稽古 を開催致しました。


3月2日(土)          坐禅体験教室

16:00~16:15  オリエンテーション(静座の仕方の説明)

16:15~17:00  静座 (初関持っている方の静座も兼ねています)

 

               法定の形剣道の稽古

17:00~18:00  法定の形剣道の稽古

18:15~       静座

18:45~       参禅

 



開始前に師参居士が障子を直してくれました。いつも助かっています。

坐禅体験教室です。今回参禅がありました。

終了後、懇親会です。


懇親会の料理は鶯林庵老禅子が手料理を作ってくれています。お手製のやさしく、絶品の料理をいつも作ってくれます。ありがとうございます。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (181)

潮来座禅道場の野菜畑 

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
茨城座禅会 2019/3/23 11:59
茨城支部 三浦元真です。
潮来座禅道場の畑では石心庵老居士が野菜を育てています。懇親会の時に採れたての野菜で料理を作ってくれます。

そらまめです。

石心庵老居士が坐禅体験教室後の懇親会で使用する野菜を収穫しています。



畑にいて天気が良いとほのぼのしてきます。

庭では今年も梅が綺麗に咲いています。青空と梅の花が心地よく感じます。では、また。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (30)
茨城支部 三浦元真です。
平成31年2月16日(土)に潮来座禅道場にて「みそ作り」を行いました。地域の方があつまり牛木さんが中心になり毎年開催されています。牛木さんは趣味でみそ作りをしているそうです。鍋や道具がプロの仕事のようです。道場も地域の方も牛木さんの手作りの味噌を頂いています。牛木さん、毎年ありがとうございます。

大豆を煮ています。いい香りがします。
 
美味しいお味噌を今年もありがとうございました。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (33)
Copyright © 2015 Ningenzen