メインメニュー
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

ブログ - 最新エントリー

慧日庵老禅子のフェイスブックから

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
茨城座禅会 2018/10/4 13:20

茨城支部 三浦元真 です。
慧日庵老禅子のフェイスブックからご紹介致します。慧日庵老禅子は多方面にわたり活躍されていますが、「ママたちの禅講座」開催されているようです。時々記念式等でお会いすることがあり、いろいろと相談にのって頂いています。本質を捉えた解りやすく明快な答えは、私の取り組む姿勢や、見方(視点)、考え方の中心になることがあります。このブログを通して共有することが出来ましたら幸いです。

文章の中にある、自己実現を望む方がいましたら、禅をお薦め致します。

禅は自分の心を見つめます。自分と向き合うことで自分の愚かさや心の弱さを実感することがあります。そんな時も、坐禅を組んで数息観(すうそくかん:呼吸を数えます)をします。そして、現実から逃げることはしない!現実に立ち向かう心の強さを身に着けることが出来るのです。

ママたちの禅講座&メモ6

言うことを聞かない子も大変だが、自立させるのはなお難しい。

2歳くらいの子が、おもちゃを赤にしようか青にしようか迷っていたとする。
昨今の親は、自立が大事、子どもの意思を尊重するべき、と、「自分で選びなさい。」と言う。
子どもは迷ったあげく赤を選んだ。
しかしすぐに、やっぱり青がほしいと大騒ぎ。
こんなとき、あなたはなんと言いますか?
「自分で選んだんでしょう
そう、ここで引いては自立できなくなる、責任を取ることも教えなきゃ…と考える親は多いですね。

しかし、実はこれを繰り返すと、子どもは自立できなくなる。
子どもはまだ人生数年である。チョイスに失敗して当然なのである。しかし失敗体験を積ませてしまうと、やがて子どもは自分の選択に自信を失う。

この話を茶飲み話でしていると、お母さんの中には、「私は30過ぎても男選びで失敗したわ。責任取って生きるの辛いわ…」皆密かに思い当たるチョイスの失敗に思いを馳せる。

そう、子どもはこれを繰り返すと、自分の選択は失敗する、と思うようになり、そのうち大切なお母さんに叱られるくらいなら「お母さんの好きな方でいいよ。」と心の中で選択を放棄してしまうのだ。

今、40才過ぎて自己実現し損ねて、自分はいったい何がしたかったのだろう、とウツになったり生きることを止めたくなったりする男性が増えているそうだ。人生は選択の連続なのに、トライ&エラーの練習問題を解かずに来たためだ。
きっと周りの価値観に合わせて、いつの間にか自分を見失ってしまったのだろう。こういう人に限ってとても心優しい人だから話を聞いていると本当に辛い。

自己実現とは何か。
簡単に言えば、好き嫌いがハッキリしていることなのである。
 これ美味しい。
 今日の空はなんて青くてキレイ。
 こんなことされたら私は嫌なの。
 私はこれをしたいの。
 私の幸せはこうすることなの。

アメリカの有名な心理学者の結論。
神経症の人とは、私はこれが嫌いです、の一言が言えなかった人。

好き嫌いそのものは、子どもの成長に欠かせない。ますはそこを受けとめよう。
選んだオモチャにすぐ飽きてチョイスに失敗したら、飽きられたオモチャの身になって、「もういらない」と、「だから粗末にし捨てる」とは別物だと話し合ってはいかがだろう。無理に好きになる必要はない。が、いらなくても大切に扱うことはできる。人間関係にも重要な視点である。

好き嫌いがハッキリするとは、嫌いだから意地悪する、ということに結び付かない、それが大人になっていくことだし、自尊感情にもつながると、教える良い機会にもなる。

粗末を目の前の正義感に結びつけて叱ったりしなくても、もしかして後年思い出して可哀想なことをしたな、と鮮やかによみがえることもある。
小さい子に、今、成果を期待せずに、長い目で課題をこちらが持ち続けていて、何かの折に役立てることもできる。

子どもには自分で選択をさせ、失敗したら、失敗を良い悪いで見ずに、学びの機会にいかに変容させられるか、これは親の腕の見せ処だと受けとめよう。大人だってしょっちゅう失敗しているのだから。
くれぐれも、お母さん大好きの
気持ちを逆扱いして、自立を阻害しないように。気持ちを押さえてしまった一見の良い子の姿に惑わされないように。
がんばろうね。お母さんたち
まずは、私たちがそんな風に生きてるかだよね。


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (39)

慧日庵老禅子のフェイスブックから

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
茨城座禅会 2018/9/30 21:08

茨城支部 三浦元真です。
10月6日から潮来坐禅道場にて摂心会が始まります。10月7日(日)に慧日庵老禅子の講演会があります。

日時 平成
30107日 日曜日 14:30 ~ 16:00頃まで  場所  
潮来坐禅道場にて
演題 『今北洪川禅師から山岡鉄舟への手紙――在家禅の意義と人間禅の歴史』
講師  慧日庵 笠倉玉渓老禅子

慧日庵老禅子は私の禅の大先輩でありますがフェイスブックにてお友達になっております。慧日庵老禅子の文章を読んで私は職場での自分の対応の在り方を反省しました。

以下 慧日庵老禅子のフェイスブックの内容です。許可を頂きましたので皆さんでご覧頂ければと思います。  
お母さん講座の振り返り&メモ3」

うちの息子たちが小学生の頃、授業参観の後の保護者会で、お手伝いをどうやったらさせられるか、という議題がしばしばあった。
皆さんおこづかいをあげたり、ご褒美を出したり、はたまた当たり前だと厳しくしつけたりなどされているようだった。
息子たちは1度も、と言いきるが嫌がることはなかったし、大学生になった今朝も、私が昨夜朝5時までロータリーの講演録を書いていたので9時に起きると、ゴミ出しも洗濯もしてあった。

これは私の手柄ではなく、ふりかえれば禅の考え方が生活にあったからだ。
私は子どもが小さい頃から、「お手伝い」という言葉はこの世に存在しません、と言ってきた。
この世に存在するものに本来上下も優劣もない、共同体はそれぞれの質に応じてすでにその時点で完成である。だから親も子どももできることをすることで共同体は円満に機能するのだから、ゴミをひとつしか持てなくてもそれが応分なら充分なのだ。
根底には子どもであってもひとつの尊厳をもった個体であるので所有物という感覚は私にはなかったし、たまたま扶養し、年長者なので何かと助ける立場ではあっても命令などできる関係にはないのが真実だ。
自分が産んだ、自分よりはるかに大切なものであるという思いと共に、そもそも同格なかけがえのない存在を尊重する禅の精神は私の中に第1の真実としてある。

尊重しているからこそ、お手伝いという概念はない、と言ってきたのだが、それは将来社会でもそれはまったく同じてあると身体で知っていてほしかった。

先日連れ子の虐待の話をしていた時、次男が、もし僕たちが子どものいる人と結婚するとか言っても、お母さんはその連れ子を平気で可愛がるね、と言ったので、私の生活の禅も少しは守れたのだろうかと合掌した。

また、ご紹介いたしますね。では、また。


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (37)
茨城支部 機関紙 道心 58号より

94回茨城支部(創立30周年記念)摂心会・記念式 期間中の行事のご案内
記念摂心会
10月6日(土)~13日(土)葆光庵総裁老師・ 千鈞庵老師 人間禅潮来坐禅道場

新日鉄住金鹿島製鉄所見学  
10月12日(金)14:00~16:00  製鉄所構内見学
正門―(中央道路)本館前―(熱延精整道路)厚板工場―(トンネル)―(岸壁道路)製品倉庫―(焼結道路)ヤード・港湾・鉱石船―引き返し―(製銑道路)高炉―(製鋼道路)第二製鋼工場へ
工場見学 第二製鋼工場(3CC)・熱延工場
第二製鋼工場・転炉見学―バスで3CC・見学―バスで熱延・圧延ライン見学―中央道路―コミュニティホールで着替え-正門へ(帰路)

講演会・研修 
①10月7日(日)14:30~16:00
『今北洪川禅師から山岡鉄舟への手紙』―在家禅の意義と人間禅の歴史―
講師 慧日庵笠倉玉溪老禅子
②10月13日(日)9:00~10:30 布教師・補教師研修会
講師 仰月庵杉山呼龍老師

講演会 
『潮来市の主要な事業について』  原 浩道 潮来市長
 10月13日(土)15:00~16:30

鹿島周辺散策(鹿島神宮―県営スタジアム―アントラーズ・クラブハウス―港公園)
10月13日(土)11:00~14:00
前夜祭  10月13日(土)18:00~20:00
お茶席(お茶室)・道場周辺散策(甕森神社―北浦湖岸)10月14日(日)8:30~10:00
記念式  10月14日(日)10:30~12:00
祝賀会   10月14日(日)12:00~14:00
                    合掌  

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (22)
茨城支部 機関紙 道心 58号より

茨城支部では「かしま灘 楽習塾(鹿嶋市市民講座)」にていくつかの講座を開催させていただいております。ご報告をさせて頂きます。もし、参加したい方がいましたらホームページトップにあるメールアドレスにご連絡頂ければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

かしま灘習塾(鹿嶋市「市民講座」)
(かしま灘楽習塾8月は休講月で、事務局も休みでした。)
 1、「剣禅一味」―直心影流法定の型の稽古― 講師 佐瀬霞山
毎月第2土曜日 18時30分~20時30分 茨城坐禅道場  8月は楽習塾休講
第5回講座9月1日(土)参禅会有り
15:00~16:30 表千家お茶の稽古(千鈞庵老師・石心庵老居士)指導―梶原玉香禅子
17:00~18:00法定の型稽古 18:20~参禅 19:30~懇親会(道場)22:00老師道場宿泊、
翌日5:00~日曜静座会に参加
2、「心の俳句」  講師 三浦大元
毎月第2火曜日 13時30分~16時 鹿嶋市まちづくり市民センター 202室
8月は楽習塾休講    第5回講座9月11日(火)晴  兼題「栗」「蜻蛉」
高点句(9月投句分) 
< 侘び住ひ一輪挿すや小判草 >       義信 
< 遠足の茹で栗友へひとつづつ >      勇     
< 山栗は道に転がり人を待つ >       則子    
< 採る人もなくて熟柿の落つるなり >    元子    
< 秋茜幼馴染の君は逝く >         望嗣    
< 荒ぶるる水無月の豪雨痛ましき >     元子    
< 渋柿の噛み跡付けて捨ててあり >     元子    
< ポン栗をほおばりながら寺めぐり >    則子    
< 信号を待つ間も暑き炎天下 >       勇     
< 朝日背に水撒く先に虹おどる >      恒子  
勉強会 (秋の俳句と鑑賞)  次回兼題(彼岸花・蓮根)
自句自解 < 追い越して前(さき)行く影やギンヤンマ >  勇 
< ランドセル背負わず姉は黄泉の人 >  恒子
< 蕗の葉を日傘にしてかチビがえる >  則子  

3、「心の教育を考える」―坐 禅― 講師 三浦大元
毎月第2水曜日 19時~21時 茨城坐禅道場  
8月は楽習塾休講   第5回講座9月12日(水) 一炷香坐禅(45分)
購読「坐禅の効用」
(六)精神的安定効果(セロトニン効果・脳科学の見地から)
(七)我まま・自己中心を消滅させる効果   お茶・懇談会・質問  

4、「茶禅一味」―禅語を味わう―  講師 三浦大元
毎月第3水曜日 19時~21時 茨城坐禅道場
8月は楽習塾休講  第5回講座9月19日(水)『新版一行物―禅語の茶掛―』拝読   

5、第4回博士会 
8月1日(水)サンロード鹿島 
名誉教授・博士・運営役員・事務局・実行委員・総勢56名の参加が有りました。第二文芸学部を中心としたアトラクションも有り、盛大でした。石心庵老居士が出席
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (214)
茨城支部 三浦元真 です。
平成30年9月23日(日)の日曜静座会のご報告です。秋の風の心地よい日曜日でした。
過去最多の18名の参加がありました。土浦、龍ヶ崎、波崎、潮来、鹿島とこの地域の方々が参加されています。皆さん熱心に参加されています。6:15分からの開始ですから遠くの方は4時過ぎに自宅を出て来られる方もいます。頭の下がる思いです。こうして少しづつ坐禅の輪(和)が広がることがとてもうれしいです。

坐禅をすると”ざわざわ”した心が落ちつくのを実感されていて、(真剣に取り組んでいる証拠ですが)
こちらもお役に立てるのが喜びです。ありがとうございます。明るい雰囲気とにぎやかな感じが心地良いです。お待ちしていますね。 合掌

道場にあるススキです。秋桜も咲いてすっかり秋になりました。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (22)

第2回 水戸支部 摂心会のご報告

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
茨城座禅会 2018/9/30 9:28
茨城支部 機関紙 道心 58号より

2回水戸支部 摂心会のご報告  
日時 9月13日(木)~16日(日)師家 伏流庵老師 
場所 日本農業実践学園(水戸市)

今回は伏龍庵老師が師家として初めて開催される記念の摂心会であり、参加者は10名。参加した支部会員は一人3役をこなし、それぞれに工夫・努力して取り組んだ。また、茨城支部より石心庵老居士、林道清・浜田水雲居士の支援をいただき、さらに名誉会員、学園職員の参加をいただいた。伏龍庵老師のご指導の下、参禅、法定の形の稽古、草刈り作務を行い充実した摂心会となり、何とか円了日を迎えることができた。今回も、午前中は動禅軒加藤理事長の御指導のもと、合計3回に亘って直心影流法定の形の稽古を行った。午后は草刈り機2台で一気に道場回りの草刈りを完了した。
今後も茨城支部との連携のもと、HPへのブログを掲載しHPの改良を進めたい。学園の皆様の御理解のもと、素晴らしい環境で摂心会を開催できることを感謝したい。(萬松庵奕堂老居士の概況報告より)

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (221)

禅との縁

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
茨城座禅会 2018/9/30 8:53
水戸支部 清粋です。

大分涼しく、寒いくらいになりました。
今年は、桜の開花が1週間程度早かったでしょうか。
梅雨明けも早く、今まで真夏になると生えていたイネ科の雑草が6月には生え始め、予想外の草の生え方に驚き、今年は自分の身近でこれまでとは違う自然の変化を感じました。
しかし、お盆のお墓参りに見上げた空は高く、「ああ、去年も暑い中、お盆の空に秋を感じたな」と少しほっとしました。

禅に興味を持つ、座禅会に足を運んだ、こういう禅に縁がある自分というのは「ただ興味があって試しにやってみた」というような簡単なものではない気がしています。
表面の自分が簡単に思っていても、本当の自分がこの修行を求め、何度も何度もこの道に戻そうとする、そういう強い力のようなものを感じずにはいられません。
避けて、逃げても、遅かれ早かれやるようになるのは、本当の自分が求めているからではないでしょうか。
だったら、さっさとやった方がいい、そう思いました。
 
自分の人生を修行の場として捉えている人は立派だなと思います。
私の知人は、自分にとって嫌なことがあると、「これを避けてもまたやって来る」自分の修行だと立ち向かって行きます。
宗教を持たずに宗教的な生き方をしているなと感心します。
「ありがたい話を聞いた」と心の中で合掌します。

禅に興味がある方、縁があるのに離れている方の参加、お待ちしています。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (26)

わが庵(いほ)は…‥

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
茨城座禅会 2018/9/25 5:55
水戸支部 松風です。
 
わが庵は 都のたつみ しかぞすむ  世をうぢ山と 人はいふなり
                                   喜撰法師
[私の家は都の東南にあり、それなり
に平穏に暮らしているが、世を憂い
住んでいる宇治(憂し)山と人は言う]
 
私の家は築60年近い平屋建てで、すきま風が容赦なく入り込むボロ家です。
だから門は開けっ放しで、玄関も戸も鍵を掛けず、実際、近所の何軒かが泥棒に狙われた時、我が家は何の形跡もなし。
ちゃんと門や玄関を開けといてやったのに、失礼なヤツ!
 
そんな風だから、クーラーのない我が家では、夏の夜は平気で戸も窓も全開で寝ています。
 
夕方ともなると虫の音がはっきりと聞こえ、鳴く虫の変化によって季節の移ろいを知ることが出来ます。
 
月の光によって寝室の白壁に映る木々の葉影は、風が吹くとかげろうのようにゆれて、まるて眠りを誘うかのようです。
 
時には、夜空を渡る鳥の「ヒュエー」という鳴き声が響き、あれが古来、「ヌエが鳴く」といって忌み嫌われたものの正体かなどと、いにしえ人の感性に思いを馳せたりします。
 
私の家を見た人は「あんなボロ家に住んで、さぞや己の境涯を憂いているに違いない」と思うかもしれません。
それでも私はそれなりに平穏に暮らしているのですが、最近の気候の変化と自分の体力の衰えが、私の生活スタイルに変化を強いようとしています。
 
単純に、夏の暑さに堪えきれなくなってきたのです。
来年の夏迄にはクーラーを入れようと考えています、
 
クーラーを入れて窓を閉め切り、保冷·節電効果のためカーテンも閉めて寝たとしたら、長年慣れ親しんだ私の夏の夜はどうなるのでしょうか?
 
古い友人がいなくなるような、少し寂しい気がします。   
 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (68)

消防団活動で思ったこと

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
茨城座禅会 2018/9/18 1:42
水戸支部の針谷昌利です。

私は、地元の消防団に入っております。
近隣の自治会の人達15名で1分団として活動しております。
皆さん、御仕事をしながら、自分の生活をもちながら活動しています。

消防団の活動で、8月にポンプ車操法大会という大会がありました。
9月9日には、今度は、市のポンプ車操法大会がありました。
ポンプ車操法というのは、youtubeに動画があがっていますが、6名で消防車を使って、またホース、とびぐちといった道具類を使い、その一連の動作のタイム、間違いなく消防車や道具類を使いこなせているか、その所作などをみて採点し、優劣を競います。
9月9日に行われた大会で優勝した分団の実技に、私は目が釘付けになり、うーんと感動しました。
操法というのは、単に道具類を使いこなすだけではなく、一挙手一投足まで細かく決められています。その一挙手一投足が、実にピタッピタッっと過不足なく決まっていて、また、声を出す場面では、気合いのこもった本当に素晴らしい声が出ていました。

その時私は、道場での一場面を思いだしました。
本部道場で行われた摂心会で朝のお茶席にお相伴にあずかった時です。
人間禅岐阜禅会長の渡辺玉蘭さんのお点前を見て感動したのを思いだしました。
私は茶道の事は全くわかりませんが、玉蘭さんの所作にうーんこれはとなり、凄いと感動致しました。
私の中で消防のポンプ車操法と渡辺玉蘭さんのお点前に通ずるものがあったのです。

そして、自分の消防団における活動を反省致しました。
もっと一生懸命に取り組み、三昧になろうと思いました。

感動をし、反省をし、いい日曜日をすごす事が出来ました。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (47)
茨城支部 三浦元真です。
平成30年9月16日(日)に実施されました日曜静座会のご報告です。本日6名の参加です。
少し涼しい秋の風が吹いています。道場ではススキが風に揺れています。過ごしやすくなりましたね。

来月で潮来坐禅道場は30周年を迎えます。記念式が10月14日(日)にあります。準備で忙しくしています。70名から80名は見えると思います。盛会になるように頑張って参ります。
では、また。


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (36)
Copyright © 2015 Ningenzen