メインメニュー
呉坐禅道場

呉坐禅道場
呉市両城2丁目2-11
(呉駅から西 徒歩10分)

お問い合わせはこちら
090-4654-7993(中倉)
090-5153-3018(増田)


ブログ カレンダー
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

広島ブログ - 201809のエントリ

あなただけの人生をどう生きるか

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
広島禅会 2018/9/12 15:33

 書店でふと手に取った、渡辺和子シスターの「あなただけの人生をどう生きるか」という本に とても感銘を受けたので、その感想を書きました。

 この本は渡辺和子さんの全集の中の一つですが、他にも 若い人向けの講話や、入学式や卒業式での告辞などが収められていました。「雑用などありません。用を雑にした時に雑用になるのです。」「卒業式には さようなら ではなく、必ず いっていらっしゃい と伝えています。」などの言葉が収められています。

 彼女のお父さんが 渡辺 錠太郎 陸軍中将 なのは、ご存じの方もあると思いますが、彼女が小学校3年生で9歳の時に、自宅で二・二六事件に遭遇し、大好きだった父親が、目の前で43発の銃弾を浴びせられて惨殺されるのを目撃したことが、彼女がキリスト教に生涯を捧げられた、大きな動機だったのだそうです。幼かった彼女の 恐怖、胸の痛み、喪失感は、一体どれほどのものだったでしょう。

 幼き日に、そんな壮絶な体験をされた彼女だから、卒業生には「さよなら」でなく「いってらしゃい」と伝えているという言葉は、胸に強く響いてきます。

 私は或る総合病院の事務の仕事をしているのですが、昨年の春に転勤で岡山から呉市に移り住んで来ました。そしてこの夏には、豪雨災害に見舞われた呉市で、様々な人の悲報を直接見聞きしました。また今年は、大阪や北海道などで、台風や地震の災害も群発しています。
 
 この街の何処かにも、突然、大切な人との別れを経験された方もいらっしゃるかと思いますが、私自身も「別れ」や「死」について、今一度、真正面から、逃げずに、静かに捉え直してみたいと思います。
 
 そして、渡辺和子シスターが説かれているように、たとえ一般の多くの他の人達とは違っていても、いつの日か 自分だけの、自分らしい、かけがえのない人生を、暖かく肯定して受けとめ、大切にしていきたいと思います。
 
( 増田 安風 記 )