メインメニュー
呉坐禅道場

呉坐禅道場
呉市両城2丁目2-11
(呉駅から西 徒歩10分)

お問い合わせはこちら
090-4654-7993(中倉)
090-5153-3018(増田)


ブログ カレンダー
« « 2019 3月 » »
24 25 26 27 28 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

広島ブログ - お風呂の楽しみ

お風呂の楽しみ

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
広島禅会 2018/12/10 15:07
 
 みなさんは子供の頃に、親ごさん や お爺さん お婆さん と一緒にお風呂に入って、数を数えたことがありませんか。
 
 「温まるまで、50、数えようね!」などと言われて、私は小さい頃、母と一緒に肩まで湯につかって、よく数えていました。早くお湯から出たくて、必死に数えたのを覚えています。
 
 大人になった私は、船で働くようになりました。私の船のブリッジには天井も窓もなく(笑)、今の時期、ブリッジの椅子に二時間も腰掛けていると、北風と仲良しになって、体が冷え切ってしまいます。 
 
 船から上陸して、一番初めに向かうところは、どこだと思いますか。そう、お風呂なんです。
 
 家のお風呂じゃなくて、銭湯など、湯船の大きな処に行くことが多いですね。
 
 はやる気持ちを抑えて体を洗い、しずしずとお湯に体を沈めると、「嗚呼!」と自然に声が出てしまいます。
 
 銭湯や温泉などは、湯温の高めなところが多いじゃないですか。先ほどまで北風と一緒に過ごして冷え切った体には、お湯の温かさが沁みてきます。
 
 目を閉じると、自然と心の中で数えてしまいます。「ひとーつ、ふたーつ、みぃーつ」、どこまでも、数えられちゃいます。子供の時には早く出たかったのに不思議ですね。
 そのうち陶然としてきます。
 
 天井からポトリと落ちた雫が顔に当ったり、女風呂からオバチャン達の笑い声が聞こえてきたりして、ふと我に返ります。
 
 「あー、気持ちよかった!」と満足して、また船に戻るのです。
 
 こんなお風呂の入り方を、今の大人の私は楽しんでいます。みなさんは、どんなお風呂の入り方ですか。
 
  ( 渡辺 大海 記 )

 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/hiroshima/modules/d3blog/tb.php/197