メインメニュー
呉坐禅道場

呉坐禅道場
呉市両城2丁目2-11
(呉駅から西 徒歩10分)

お問い合わせはこちら
090-4654-7993(中倉)
090-5153-3018(増田)


ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

広島ブログ - 呉市で詠まれた 俳句 三題

呉市で詠まれた 俳句 三題

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
広島禅会 2018/2/1 12:40

  (両城の石段、摂心初日の早朝に踏破)
  
 〇 二百段 霜の朝闇 一歩づつ 

   
 〇 子規も見る 大船寒し 呉の海      

  
  (佐久間艇長の遺碑を拝して) 
  
 〇 鯛の宮 遺文を胸に 花堅し

   常 明


 蔵六庵 廣内 常明 老師 が、この度の1月25日~28日に行なわれた短期摂心会から、広島をご担当してご指導して下さっています。上の俳句は、その時、呉坐禅道場の近隣を散策されて詠まれたものです。

 老師は、英語がとてもご堪能で、横浜や岳南(熱海)などでは、外国の方の禅のご指導もされておられますよ。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/hiroshima/modules/d3blog/tb.php/193