メインメニュー
呉坐禅道場

呉坐禅道場
呉市両城2丁目2-11
(呉駅から西 徒歩10分)

お問い合わせはこちら
090-4654-7993(中倉)
090-5153-3018(増田)


ブログ カレンダー
« « 2023 1月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
ImpressCMS を利用したサイトにようこそ!
もし、管理者であればログインしてもっとたくさんの情報を手に入れてください。 ImpressCMSについてもっと知りたい方は:

広島ブログ - 広島の盆灯籠

広島の盆灯籠

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
広島禅会 2014/8/14 20:38
 
 今年も早いもので、もう、お盆になった。
 
 広島では8月のお盆になると、各所のお墓には、カラフルな盆灯篭が林立する。呉でもやはりそうである。小高い山の中腹の墓所が一斉に彩られる。由来や由緒はよく知らないが、おそらく、広島市周辺部、つまり浄土真宗西本願寺派、俗にいう安芸門徒の地区だけで見られる風習だと思う。
 
 灯篭の構造は簡単なもので、竹を六角形のアサガオ型に組んだ物に、赤・青・黄などの色紙を貼って作る。表面に金粉などをつけることもある。風や雨水を通すために、1面は上辺だけ貼っておいて下部を空けてある。さらに、六角形の頂点から金紙などの飾りをつける。
 
 いずれも高価なものでなく、コンビニやスーパー、花屋などで簡単に購入でき、1本600から1000円程度である。
 
 いわゆる卒塔婆に相当するもので、盆の時期に墓参りを行う者がその墓の周囲に立てる。親族がそれぞれ持ち寄るため、1基の墓の周囲に何本も立てられることも多い。
 初盆(新盆)には色紙や装飾は用いず、白い紙のみの盆燈籠を供える。
 
 そもそも浄土真宗は、お盆といって、特別な飾りや行事はしない。卒塔婆を立てることもしなければ、迎え火・送り火もなく精霊棚もない。お供えは霊にではなく如来に捧げるものとしている。
 
 この様な安芸門徒の、何にもとらわれず、こだわりを持たない、広島人の気質は、在家禅の特徴とピッタリと符合する。
 
 まさに『在家禅』は、宗派性を全く持ち合わせていない、この様な安芸の門徒衆のためにこそ用意された、心のメンテナスケアのためのレッスンプログラムである。
 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/hiroshima/modules/d3blog/tb.php/109