メインメニュー
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
トップ  >  老師の紹介
人間禅石狩・函館座禅道場師家・堀井無縄老師のご紹介

昭和3年、函館に生まれる。23歳の時、「人生、いかに生きるべきか」の疑団を解決すべく耕雲庵(こううんあん)立田英山老師に入門。2年を経て禅門の第一関門を痛快に透過、無縄(むじょう)の道号を授かる。昭和63年には、禅の源底をきわめ了空庵(りょうくうあん)の庵号を授かる。

社会人としては、大槻食材(株)の立ち上げに関わり、長い間代表取締役として同社を北海道を代表する会社として育て上げる。この間、自ら開発した4件の特許を無償で公開し、地域の産業発展に貢献。松下幸之助氏より日本発明協会優秀賞を贈られる。
 
平成5年、社長を定年退任し、同社顧問として今日に至る。 現在、混迷をきわめる世相の中で、確固不抜の人生をきづく最上の方策として禅をすすめ、その指導に当たっている。
 


プリンタ用画面
カテゴリートップ
TOP
次
老師のお話