メインメニュー
このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
トップ  >  禅会長挨拶

             禅会長挨拶   


  禅会長の三村千田(元道立高等学校長)です。来道以来、縁あって禅の修行を続けること50年余り。思い起こせば、「細く長く」ではありましたが…。
  
 毎月2回(15・25日)龍宝寺様の特別のご配慮により、本堂の一隅をお借りしての座禅会を開催しております。夜6時半開始としたのは、勤め帰りに立ち寄り座禅ののち帰宅し食事される方もいらっしゃるので。常時10名以上で一緒に坐りたいと願ってはおりますが、参加者それぞれのご事情もあり難しいようです。たとえ少人数でも悪天候でも、余程のことがない限りは続ける覚悟です。特に、初めて坐る方は大歓迎。担当者から丁寧にご指導致します。
 
  座禅から直ちにご利益が得られるとはお考えにならないで下さい。スポーツマンが毎日走るのと同様、地味ではあっても出来ましたら毎日坐るのが良い。そして、次第に三昧力(ざんまいりょく)が身につけば、様々な場での応用も可能となります。これが第一段階で、これだけでも十分でしょう。

  臨済禅には、師家に入門し〝公案の工夫〟による参禅弁道という第二段階があります。もし更なる高みを目指したいという方がおれば、次の段階に進むことをお勧めしたい。修行を通して苦労すればするほど、公案を透過した時の喜びも大なるものがあります。これが摂心会や参禅会での「参禅」というものです。

《雪を踏んで沽(か)ひ来(きた)って酒倍(ますます)香(かんば)し》



                             函館禅会長  三村 千田

 

プリンタ用画面
前
函館禅会の沿革
カテゴリートップ
TOP
次
行事