メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 9月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
房総坐禅道場
房総支部 房総坐禅道場

〒284-0032
  四街道市吉岡1010

お問い合わせは⇒こちら




このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

房総ブログ - 最新エントリー

ビジネス禅(笠倉健司著)推薦

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
房総支部 2013/9/12 23:48
学生時代から人間禅道場で坐禅の修行を続け、今は公認会計士として活躍されている笠倉神蔵居士が本を書かれました。アマゾンでも手に入ります。

http://www.zeikei.co.jp/ebooks/pdf/t70013.pdf

http://www.amazon.co.jp/ビジネス禅-笠倉-健司/dp/4419056851/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1379084797&sr=8-1&keywords=ビジネス禅

房総座禅道場裏の杉林

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
房総支部 2013/9/12 23:02


休みの日に道場を訪れ、杉林を経行する。
どこからともなく鳥の鳴き声が聞こえ、杉林と自分が一つになる。
                                  道虔
 私は、これまで30数年来、千葉県内の街づくりにかかわってきました。しかし、バブル崩壊以降、景気低迷、地価下落などの影響により、大規模街づくりは、影をひそめてしまいまいた。そんな傍ら、非常勤で大学や専門学校で、「都市計画・地域計画」を教える日々でした。そんな折、東日本大震災がおこり、未曾有の大災害となったことはご承知のとおりです。そして、縁があり、全日本土地区画整理士会より、石巻の復興支援にどうかとのお誘いを受けたのであります。それは、震災後一年になろうとする寒い平成24年2月はじめのことでした。私は、4月に入り、さっそく石巻市の「復興まちづくり計画」に係ることになったのです。 つづく


         栗田実性

(長期シリーズものになりそうです。乞うご期待 道虔) 

HP成功の条件

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
房総支部 2013/9/10 0:04
1)トップページの更新頻度が高いこと
2)コンテンツ(記事)が十分にあること
3)検索されやすいキーワードがコンテンツの題名に含まれていること

この記事は道場関係者の方に読んで頂くために書いております。
HPが軌道に乗った暁には削除します。

毎日の様に更新されるHPを目指します。主だった道場関係者、日曜静坐会などの参加者がが月に一つくらい何か書くことは可能ではないでしょうか。10−30分ぐらいで書ける記事でいいんです。

そうすればほぼ毎日の様に更新できます。

これは三谷寒檜さんのアドバイスなのですが、道場の四季という写真のシリーズを作り、四季折々の道場の風景、花などの写真を載せていくと言うものです。これはよい提案だと思います。写真は簡単にブログに載せられることがわかりました。各静坐会の様子、子供禅の会の様子なども適宜写真におさめてブログに載せましょう。(寒檜さんはこのほかにも様々なアドバイスを寄せてくれました。)

ブログが一般の人に読まれて、毎日100人以上の人がHPを訪れるようになるには少なくとも300程度の記事が必要なのだそうです。1年後にはブログ、ニュースなどで300以上の記事を目指します。

そして、世間の人たちにまずこの道場の存在を知ってもらう。そこが始まりだと思います。

                                      道虔 拝

仙厓展

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
房総支部 2013/9/9 2:32

興味のあられる方はどうぞ

http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/
出光美術館で、仙厓展が展示されるようです。
仙厓と、一休(1394~1481)の住庵・床菜菴ゆかりの作品、および仙厓が活躍した江戸時代後期に制作された九州諸窯の陶磁器などもあわせて展示するとのこと。
2013年9月21日(土)~ 11月4日(月・休) だそうです。
ご興味のあられる方は、以下のリンクをご覧ください。  則川

日曜静坐会と場の力

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
房総支部 2013/9/8 12:57
 今朝は日曜静坐会に出席しました。最近は地元の参加者も増えてきましたが、千葉大大学院のベトナム人留学生フォン君とルーン君、中国からは魏さん、も加わり、総勢20人近くになりました。

 いつも感じることですが、普段家にいて一人で坐っているよりも道場で皆で坐っているときの方が明らかに深く坐ることができます。なぜなのかはっきりとはわかりませんが、皆の道を求める気持ちが響き合ってその場に特別な力が働くのではないかと思います。

 ”三宝(仏法僧)に帰依する”と云うときの僧は僧侶の意味ではなく僧伽の事ですが、皆で心を合わせて修行するときに働くこのような場の力の事を指しているのだと、道場に来て坐禅するたびにつくづく感じます。
                                 道虔 拝



坐禅をひとにすすめるということ

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
房総支部 2013/9/6 23:01
 私が関わっている坐禅道場で先日初心者の為の体験教室を開催し、その時初めての人向けに坐禅の話をしたのですが、坐禅の意義をわかりやすく解説することは大変難しく、きちんとした話ができなかった様に思います。

 自分はどうして坐禅を始めたのかと言う話ならできますが、なぜ坐禅を勧めるのか、これはじっくり考えて文章の上でも練り上げないと、そう簡単に人に思いは伝わらない、なかなか難題だと感じます。

 私はと言うと、ずっと以前、学生時代から禅に興味がありました。自分自身の心を鍛える方法として考えていたのかもしれません。たまたま30歳の時に信頼できる先輩と知り合って、その人が坐禅をやっていたので道場に連れて行ってもらいました。一時期修行から遠ざかった時期もありますが、その後また復帰しました。

 坐禅はやればやるほど人生が深くなって行きます。あるところまで来るともうやめられない感じ。禅のある生活が自分の人生にとって大きな意味を持ってくる。人生の根本的な問題に対する、言葉を超えた深い洞察が得られるからです。

 人間、生きているといろいろと困難に出会ったり悩んだり苦しんだりしますが、多くの問題はマニュアル的には対処できないし、理論的に考えても解決しません。むしろ論理を手放して、深いところまで降りていかなければ解決は得られない。禅はそのあたりの仔細をとてもよくわからせてくれます。私はこのブログ書くという行為を通じて坐禅についてきちんと皆に説明できる様に、まず自分の頭に整理をつけたい思います。1年ぐらいかかるかな?それとももっと?

   道虔 拝

マトリックスと即今汝性

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
房総支部 2013/9/6 22:54
 昔から映画は好きで、とは言っても映画館で見ることはほとんどありませんが、自室でDVDをよく見ます。好きな映画の中には手元に置いて繰り返し見ている物もあります。今まで一番繰り返し見ているのはゴッドファーザーpartⅠ、partⅡでしょうか。坐禅の修行で役立ったと思えるものもあります。それはマトリックスという映画で、これはヒットしましたからご覧になった方も多いかと思います。 主人公である凄腕ハッカーのネオ(キアヌ・リーブス)がいわゆる現実の世界と、自分の脳をコンピューターにつないで作られた仮想現実の間を行き来しながら、世界を救う戦いを繰り広げるSFアクションなのですが、この映画の中の一番印象的なセリフが

”Is it real?" (これは現実か?)というものです。

この映画では、我々が実在の世界と信じているこの世界と、自分の心が作り上げた仮想現実の世界が如何に区別できないかと言うことが見事に描かれています。公案体系の上で非常に重要な則、”即今上人の性いづれの処にか在る?”)(今この瞬間、お前の心はいったいどこにあるのか?)が描かれた映画であると私は思っています。ご興味のある方は是非ご覧ください。

合掌 道虔  拝
Copyright © 2013 人間禅 房総坐禅道場 (Powered by ImpressCMS)