メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 5月 » »
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
房総坐禅道場
房総支部 房総坐禅道場

〒284-0032
  四街道市吉岡1010

お問い合わせは⇒こちら




このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

房総ブログ - 201905のエントリ

本日の静座会は参加者が16名と少ない状況でした。
皆さんいろいろ忙しいようです。
初心者の方は高齢の男性の方が1名でした。
 
事前の掃除と準備が終わり9時から、当番の弧峰居士の合図で静坐(座禅・坐禅)しました。
 
ここ数日は真夏の暑さですが、早朝のためかそれほど暑さは感じずに坐れました。
晴れている所為か、鳥の声が遠くからよく聞こえます。
警策の音も高く響きます。
 
最初のころは足が痛く感じますので、無理をせず足を組み替えたり、立ってしびれが取れてから再度座るといいです。
無理はせずに続けることが大切だと思います。
  
静坐が終わってから、お茶を飲み解散となりましたが、今日も道舟さんの呼びかけで、一部の人たちが二回目の静坐をしました。
 
私は、書見室で調べ物をして、帰りました。
今は丁度、民生委員の調査時期で忙しい時です。
というわけで、二回目の静坐は失礼しました。
 
合掌 鐘声
 

日曜座禅会 無風好天 草花も元気

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
惟然 2019/5/19 23:50
無風好天のもと、新緑におおわれた道場近辺は、草花も元気です。
一年を通して一番過ごしやすい季節を感じました。
 
本日(19日)の座禅会は参加者20名で、女性の方(みなさん一般参加)が4名でした。
新到の方がお見えになるという事前情報があり、受け入れの準備万端でしたが、残念ながらお見えになりませんでした。
 
最近耳が遠くなってきたせいで余計思うのか、網戸を通しても外の音がほとんど聞こえない誠に静かな一炷香でした。
直日は一心さん、聖司は孤峰さん、助警は鉄心さんで、警策の音が厳しく響いておりました。
 
読経・茶話の後、写経の会と「+一炷香の会」がお昼ごろまで行われました。
  
不説 拝
 
プラス一炷香坐禅会
禅堂で写経の会が開催されたので、緝煕寮で10:35~11:05の間行ないました。
今回は、女性一般参加のTさんMさんが参加しました。
Tさんは、5・6年前から日曜座禅会やその他の各種行事に参加してもうベテランの方で、お二人は友人とのことです。
 
道舟 拝
 

日曜座禅会 菖蒲の花が

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2019/5/12 0:40
新緑がいよいよ濃くなってきました。
田植えもほとんど終わり、菖蒲の花が黄色い花を咲かせています。
 
5月12日の日曜座禅会の参加者は21名、初めて参加の方が1名でした。
静坐が終わって、参加者全員で『般若心経』を読経。
 
最近、日曜座禅会に参加されるようになられた方々向けに、抱石庵老居士から20分程の法話があり、続いて有楽流茶道部の有楽流茶道部の稽古に合わせてお茶席では呈茶。
 
その後、日曜座禅会プラス一炷香の静坐が行われと、
盛り沢山の日曜座禅会になり、座禅体験セミナーのシンプル版となりました。
 
6月8日の日曜座禅会には、房総禅道場の担当師家の千鈞庵・佐瀬霞山老師も入山されます。
新緑鮮やかな道場で、少し詳しい禅のお話を聞いてみませんか。
 
合掌 無端
令和元年5月の緝熙会の報告をいたします 
 
新しく令和の時代が始まり、長い連休も終わりました。
 
連休を満喫した人、日常変わらぬ人、それぞれに過ごされたことと思います。
 
 
初夏を思わせる日ざしではありますが、ここ道場は、新緑が美しく鳥のさえずりが響き、清々しい風も感じ、心地よい静坐会となりました。
 
 
今回の参加者は、8名でした。
 
 
清掃、お茶の準備の後、1炷香の静坐(座禅・坐禅)をしました。
 
今回の輪読は、『あけぼの』(人間禅教団婦人部の交流誌)の中から抜粋して読み合いました。
 
 
その後、茶室として改装された隣のお部屋で、座談会となりました。
 
久しくお会い出来なかった方もいましたので、皆さんで近況報告も含め和やかな会となりました。
 
私は、その中で「寄り添う」という話題が、とても印象に残りました。
 
 
次回は、6月8日(第2土曜日)です。
 
 
合掌 春陽 拝
 
吉岡の十字路から県道66号線を南下していくと、沿道の右側にはオレンジ色の雛芥子(ひなげし)、左側には黄色い菜の花(なのはな)が色鮮やかに花開き、「千葉房総道場」の看板を左折して道場に向かいました。
朝8時半、道場裏の駐車場に着くと、そこから見渡す谷津では田植えが始まっていました。
 
今日(5月5日)は市川市の人間禅本部道場での行事があり、またゴールデンウィーク真只中ということもあってか、普段は20名前後が参加する日曜静座会ですが、今回(有志座禅会)は9名の参加となりました(*1)。
田植えをする人たちの話声とカエルの大合唱が遠くから聞こえる中、1炷香(ちゅうこう)45分間の座禅(静坐、坐禅)が行われました。
 
座禅と読経の終了後、参加者の皆さんでお茶を飲みながら座禅について様々な話をしました。
今回は臨済禅と曹洞禅についての違いや、年に3回行われる1週間泊りがけの摂心会(せっしんえ)の内容などが話題になりました。
また、最近始まった1日泊りがけ座禅(*2)についての質問もありました。
 
帰りには、三つ葉(みつば)が力強く茂り始めた小径を見ながら、「今年はいつ頃摘みとって料理しようか」と思いを馳せながら下山しました。
 
さて、今日は「端午の節句」です。
新聞紙でカブトを作ったりチマキを食べたりした子供の頃のことは、遠い昔の思い出です。
 
合掌 龍山
 
===
編者註
(*1)5月5日(日)の行事案内について
本部行事などがある時は、房総禅道場での日曜座禅会は開催しないことになりました。
そこで、房総道場ホームページの予定カレンダーは空白としました。
しかし、日曜座禅会(静坐会)と同じ日程で、行事に参加できない房総支部会員の有志による座禅会(静坐会)を行いました。
支部会員への予定表には入っておりますので、お問い合わせ下さい。
 
なお、メルマガ第218号は1週遅れて5月10日に配信予定です。
 
(*2)一泊参禅会(内参会)のこと
 
合掌 惟然 拝
Copyright © 2013 人間禅 房総坐禅道場 (Powered by ImpressCMS)