メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
房総坐禅道場
房総支部 房総坐禅道場

〒284-0032
  四街道市吉岡1010

お問い合わせは⇒こちら




このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

房総ブログ - 20181007のエントリ

日曜座禅会 抹茶と作務と

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2018/10/7 23:50
今朝は晴天です。
台風25号の影響で少し蒸し暑く、朝の道場の掃除中にはもう汗ばむほどでした。
 
本日は茨城支部30周年記念摂心会と3連休の谷間のためか、座禅会の参加者は、普段より10名ほど少ない13名(内女性3名)でした。新到者はおりませんでした。
 
道場内はエアコンの音もなく静かで、時おり網戸を通してくる風がほほに心地よくあたりました。
45分間の坐禅終了後、元禮さんから連絡事項がありました。
 
(1)10月21日(日)開催の「講演会」その後の「芋煮会」について、是非ご参加ください。
(2)本日の作務は茶道部の稽古日に当たります。
別棟の茶室でお茶を頂いてから、作務を始めます。(本年9月から月初めの座禅会には原則として作務を行うことになりました。)
 
茶室には客として7名の方が入り 元禮さんお点前で、美味しいお茶とお饅頭をご馳走になりました。
また 元禮さんから軸(観音菩薩 画讃)とお花についてのご説明がありました。
 
その後、板木を合図に中庭に集合し、元禮さんの指揮のもと、作務が始まりました。
はじめに惟然さんからその心得について分かりやすいお話しがありました。
 
先ほどは本堂で静かに坐禅をしましたね。これを『静中の工夫』といいます。
それに対して作務は、その坐禅による集中・三昧を清掃や畑仕事など動作中に移して継続していきます。そこで『動中の工夫』といいます。
『静中の工夫』も『動中の工夫』も両方とも大切で、車の両輪です。
坐禅中の集中・三昧を続けるとは、数息観を続けることです。
「念々正念歩々如是」と念ずる方法もあります。
雑草を一つ取って雑念が一つ取れ、落ち葉を一枚掃いて雑念が一つ払われていくように、皆で集中して取り組んでいきましょう。
 
庭と道路の掃き掃除をし、予定どおり11時に板木が鳴り、終了となりました。
その後、作務で汗をかいたこともあって、参加した皆でハブ茶で水分を補給しながら、しばらく懇談しました。
 
一心
Copyright © 2013 人間禅 房総坐禅道場 (Powered by ImpressCMS)