メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2017 9月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
房総坐禅道場
房総支部 房総坐禅道場

〒284-0032
  四街道市吉岡1010

お問い合わせは⇒こちら


または
090-7188-4873
久保田
090-9827-8261
みつなが

に電話ください。


このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

房総ブログ - 201709のエントリ

本日(22日)は第4週なので太田先生のワークショップです。
事前にご案内の通り今月より午後6時スタートとなってより充実した内容となりました。
 
まずは1柱香(45分)の坐禅(座禅・静坐)からスタートです。
午後7時からは、前回の資料に校正と追加を加えられた補足版と、「宗教の中核自己の概念図」および「十二合掌、六種拳、十牛図」などの図解資料も別途配布されて、講義スタートです。
 
本日は講義時間が拡大された第一回目ということもあり太田先生の熱弁もより熱がこもり、受講者の理解が追いつくのがやっとという一幕もありました。
途中、休憩もふくめて後半になると質問も飛び交い、いつものように賑やかな禅の勉強会となりました。
 
来週は第5週ですので、午後6時から輪読会、呈茶そして座禅というスケジュールです。
初めての方でも大歓迎ですのでご参集ください。(Y)
 

日曜坐禅会台風前の静けさ

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2017/9/17 23:50
本日(17日)は16名(女性2名)が参加しました。
新到の方はおりませんでした。
 
台風の影響もあって降雨でした。
堂内敷地は無風で静かでした。
 
一徹居士が直日担当でした。
引磐の音も打つ人それぞれに味わいがあって良いものです。
 
窓を閉じていたこともあり、雨音も聞こえず実に静寂に包まれた45分(一炷香)でした。
 
般若心経と四弘誓願を読経した後、居士寮でお茶と雑談をしました。
 
県内の一宮町で新しく始まった坐禅会や、来月(8日)に予定されている『坐禅体験教室』の話題で盛り上がりました。
 
抱石庵手作りの栗渋皮を今日も美味しくいただくことができました。
有難うございます。
 
合掌 不説 拝
 
本日(15日)の読書会は禅マインドの第31章「執着と非執着」を読みました。
お茶は栗田さんに立てて頂きました。
茶菓子は栗田さんのお土産で「きりたんぽにぎり餅」です。
 
栗田さんは、9月9日から12日の間、秋田県で行われたねんりんピックに役員として、またスポーツダンスの監督として参加されたそうです。
参加資格は60才以上なので、本日の参加者10名のうち8割は参加資格者でした。
栗田さんのねんりんピックの話を聞いて、世の中には元気な年寄りが多数いるなと感心し、自分を顧みて反省しました。
 
来週は6時から座禅で7時から太田先生のワークショップになります。
今月から第4週のスタートが一時間繰り上がりますので起き小つけてご参集ください。
もちろん途中からのご参加も歓迎です。(I)
 
 問い合わせ先 yfe53531@nifty.com

有楽流茶道部 秋晴れは水茶で

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2017/9/11 23:50
此のところ梅雨を思わせるぐずついた天候続きでしたが、今日はカラッと晴れて空は高く、吹く風も肌に心地よい、将に秋晴れの一日でした。
この心地良さを更に倍加しようとしてか、今日は井水を使って水茶での稽古となりました。
 
今日は久しぶりに緝熙寮洋間での稽古となりました。
参加者は4名と裏千家流のオブザーバー1名、お客様は2名でした。
 
3名が風炉の炭点前を各1回、1名が薄茶桶箱を2回稽古しました。
参加者誰もが既に体験済みの点前稽古でしたが、久しぶりの稽古では特に私などは、体に点前手順を思い出させることもままならず「三歩下がって半歩進んだ」というのが実感でした。
裏千家流オブザーバーからは、有楽流手前の特徴、点前の相違点など興味深いコメントが幾つかあり、稽古に変化をもたせていただきました。
今日の花は道場境内からの木槿(むくげ)と抱石庵鉄漢老居士邸から頂いた風船葛(ふうせんかずら)、
お菓子は先生ご持参冷茶ピッタリのお干菓子でした。
 
10月の稽古日は15日(日)の予定です。
多少なりとも予習をして臨みたいと思っています。
 
スナップ写真を添えてご報告致します。
  
元禮
 

日曜座禅会 さわやかな朝

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
惟然 2017/9/10 23:50
今朝(10日)は晴れて風もなくさわやかでした。
道場の駐車場前の田んぼでは、農家の方数名(共同作業?)が稲刈りの準備をしておりました。
 
本日の参加者は男性21名、女性8名(内新到者1名)の 計29名と多勢で、
通常2列のところ3列になりました。
 
静坐(座禅・坐禅)の前半に3名の方が老師との面談ため中座されました。
 
座禅中は、行く夏を惜しむかのように蝉の声がひときわ大きく聞こえました。 
 
座禅会後の懇談会では、春陽禅子ご持参の「茹で『おおまさり』(*落花生)」はおいしく、皆さんに大好評でした。
 
小川農園の「生の『おおまさり』」はお土産に買い求められ、すぐに売る切れたようです。
 
懇談会終了後は、茶道部のお稽古、写経の会、杉林の散策等にそれぞれ行かれました。
 
一心
 
===
*編者註 
wikipedia おおまさり
千葉県特産の大粒の美味しい落花生 茹でて食べる
すっかり定着した禅茶親睦会は奇数月の第二週、そう本日(8日)でした。
事前申し込み?は6名だったのですが、噂を聞きつけ?ドタ参が続々とでて気づけば10名。
会場のジュリアンさんにはご迷惑をおかけしました。
 
もちろん坐禅もしっかりと一柱香坐ってから会場まで徒歩移動します。
陸橋から見えた今宵の月は満月からちょっとすぎたお月様でしたが、晴れた東の空にくっきりと浮かんでおりメンバー一同で足を止めてお月見しました。
懇親会場では歌姫登場もありカラオケで盛り上がり、懐かしい昭和な歌がつぎつぎと披露されていきました。
お酒の方は月見には日本酒?なのか用意いただいた千葉の地酒を皆でちびりちびりとやり、前回のような酩酊者を出すこともなくしっかりとした足取りで帰路につきました。
 
来週(15日)の禅茶ですが、第3週なので午後6時から『禅マインドビギナーズマインド』の輪読会、呈茶、そして坐禅です。
禅もしくは茶道にご興味がある方ならどなたさまも歓迎です。
茶道は流派など問いませんのでお気軽にご参加ください。
貴方の来訪をお待ちしています。(Y)
 
 問い合わせ先 yfe53531@nifty.com

座禅体験セミナー(2017年10月8日)のご案内

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
惟然 2017/9/4 12:37
あなたも自然豊かな房総座禅道場で、禅を体感してみませんか。
今回のテーマは『職業と禅』です。
 
房総座禅道場では、来たる10月8日(日)に初心者を対象とした『座禅体験セミナー』を開催致します。
 
午前には、
『職業と禅』をテーマとした体験発表もあります。
 
午後には、
有楽流茶道のお点前でお茶をお楽しみ頂きながら語り合う、『禅カフェ』も予定しております。
 
午後の座禅の時間には、
希望者は房総道場担当師家・千鈞庵老師との面談ができます。
初めての方でも老師にお会い頂き、
「禅とは何か」、「人間形成の道とはどういうものか」を直接伺ってみませんか。
禅の理解を深めて頂けると思います。
 
最後の談話会では、
感想とともに、座禅に関して日頃感じている疑問や質問もお寄せください。
 
☆日時
2017年10月8日(日曜日)
9:00~16:00
 
☆日程概要              (画像は昨年の禅フォーラム)
午前
・座禅と数息観の説明と坐禅体験
・座禅 25分×2回
・禅フォーラム『職業と禅』
 
・道場の作法による昼食 
 
午後
・『禅カフェ』抹茶を楽しみながら懇談。
・座禅体験(希望者は老師との面談)
・談話会・質疑応答
 
☆会費
1,000円 (含 資料代、昼食、抹茶)
 
☆用意するもの
筆記道具、座禅の出来るゆったりした服装
 
☆会場
房総座禅道場 房総坐禅(座禅)道場への道 カーナビで迷わないために
 
☆自動車による送迎(事前予約)
8:30 JR四街道駅南口:一般車 降車場前集合
8:30 千葉都市モノレール千城台駅:一般車 降車場前集合 
 
☆主催
人間禅 房総座禅道場
 
☆申し込み・詳細 >>「イベント予約」へ

日曜座禅会 秋の風

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2017/9/3 23:50
本日(3日)の日曜静座会は、総勢22名、うち初めての方が1名でした。
建物内外の掃除をして坐(すわ)りました(座禅・坐禅しました)。
最近天候が、暑かったり寒かったり異常でしたが、本日は、涼しくて秋の始めらしい良い天気です。
 
坐っていると窓の外では、アブラゼミとヒグラシが鳴いています。
思わずうるさいと怒鳴りそうなぐらい、あまりにおおきくきこえます。
平生はこんな風には耳に入らないのですが不思議です。
 
最近、「数息観のすすめ」を久し振りに読み返していますが、座禅を始めた頃には分からなかったことが、ようやく分かり大変に参考になります。しばらくは、この本一冊と「坐禅儀」で十分なようですと言うか、持て余しています。
 
来週の日曜静座会は、坐った後に茶道の会と写経の会がありますので、参加してください。
座った後で頂く、お茶は美味しく豊かな時間が過ごせます。
お勧めです。
 
合掌 鐘声
9月の緝煕(しゅうき)会の報告を致します。
 
台風が通り過ぎ、ぐずついたお天気の中、9月の緝煕会が行われました。
 
今回の参加者は、6名でした。
 
いつもの様に緝煕寮内外の清掃の後、1炷香の静坐(座禅・坐禅)をしました。
 
秋の涼しい空気が心地良く、集中して坐ることができました。
 
その後の輪読会は、前回から「坐禅のすすめ」を読み始めました。
 
今回は、第2章 坐禅の実習の中の第1節 坐禅の意義の部分を読みました。
 
中味は
1 坐禅の目的
2 坐禅の意味
3 実践と理論
4 精神面における「棚上げ」
5 精神と身体の相互作用
6 心の安定
7 心の働き
となっております。
 
分かりやすく書かれていて、坐禅の意義について考えを深めることができました。
 
今週(1日)は早くも9月に突入ということで、禅マインドの輪読会からの開始です。
 
残念ながら私は業務の都合で遅くなり輪読会には参加できませんでした。
守端さんの呈茶(有楽流)にぎりぎりセーフで、おいしい水茶と干菓子をいただきました。
 
今週の懇談会も先週の浴衣茶会の模様や、社会情勢までといつものようににぎやか話に花が咲きました。
中でも『釈宗演老師に学ぶ』という横田管長の説教動画が話題にあがりました。
人間禅のなれそめにも深く関係される老師のお話なので、ご覧になってない方はぜひお聞きください。
 
呈茶の後に参加者一同が広間に移り皆さんで一柱香座りました。
今回は巡警なしでしたが、しぃーんと静まり返った会場でことさら集中した坐禅になったような気がしました。
6月の体験教室から参加していらっしゃるお二方も、きりりとしたとても良い坐相で座られておりました。
 
来週は奇数月の第2週なので7時から一柱香の坐禅をした後、別会場で「月見の会」となります。
「月」とはよく禅宗では悟りの象徴とされ、正法眼蔵の中にも(都機)と紹介されていますが、禅と茶の「月見」はどのようなものか?
ご興味のおありの方はぜひぜひご参加ください。
貴方の席お空けしてお待ちしています。(Y)
 
「禅と茶の集いブログ」https://blogs.yahoo.co.jp/zenntocha
Copyright © 2013 人間禅 房総坐禅道場 (Powered by ImpressCMS)