メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2017 6月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
房総坐禅道場
房総支部 房総坐禅道場

〒284-0032
  四街道市吉岡1010

お問い合わせは⇒こちら




このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

房総ブログ - 20170628のエントリ

私が初めて坐禅道場に行ったのは、3年ほど前の冬に行われた本部摂心の徹宵の時でした。
職場の方から、坐禅やってるんだけど一緒に来てみる?と言われたのがきっかけです。
 
初めは、皆どうして坐禅をするのだろう、と思っておりましたが、いざ坐ってみると頭がスッキリとしました。
ですが、何故坐禅をするのかという理由まではよくわかりませんでした。
その後、茨城で総裁老師と面会の機会を頂き、その時に人間形成の禅や三昧のことを詳しく聞いて坐禅の意味というか、そういうのが分かった感じです。
 
はじめて総裁老師に参禅をしたのは二年前の剣禅一味の会の時です。
私は居合をやっており、そちらのほうでも上達があるのでは?という風に誘われていったのを覚えています。
方定の型や小野派一刀流の演武を見させて頂いたのですが、気迫の凄いこと凄いこと。居合とは全く違う迫力でついつい見入ってしまいました。
 
その時に初関を頂いたのですが、どういうことだ?と思ったのを覚えております。
 
自分なりに公案を噛み締めて坐禅、参禅することで無事初関を通過しました。
その後も公案を頂いて参禅していったのですが、なかなか通過できなかったこともありました。
ついつい頭で考えてしまい、それを持って行ってしまったこともありました。
ですが、道友の皆様の助言や励ましのおかげもあり、めげずに頑張ることができました。
 
禅の修行をしているときや、公案が通らない時など、やめたくなってしまうような時もあるかと思います。
そのような時は落ち着いて自分の目的や憧れを考えるようにしています。
私の場合は武芸成就で、宮本武蔵や辻月丹(無外流の開祖)も禅の修行をしており、自分も頑張ろうと思えます。
 
その後、28年の冬の摂心で玄風の道号を頂きました。
同じ時期に入会した雲月居士とどんな道号もらえるか楽しみだなぁ、と話していたところ、このような素敵な道号でした。
これで少しは認めてもらえたのかな?と少し誇らしい気分です。
 
道号授与に甘んじることなく、坐禅を通じて武芸成就および人間形成、頑張っていこうと思いますので、よろしくお願い致します。
 
合掌 玄風 九拝
Copyright © 2013 人間禅 房総坐禅道場 (Powered by ImpressCMS)