メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2017 6月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
房総坐禅道場
房総支部 房総坐禅道場

〒284-0032
  四街道市吉岡1010

お問い合わせは⇒こちら


または
090-7188-4873
久保田
090-9827-8261
みつなが

に電話ください。


このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

房総ブログ - 20170612のエントリ

部員の参加者は2名ということでやや寂しい感じではありました(練習日を急遽繰り上げた為もあってか)が、稽古中に座禅会を終わった新到者7名が会員2名と共にお客様として、裏千家流の猛者がオブザーバーとして参加して下さりお蔭様で十分熱のこもった稽古になりました。
 
 
先ずお客様に歓談を交えて1服づつ味わっていただいた後に、茶桶箱のお点前、三つ茶碗のお手前をそれぞれ2度づつ稽古しました。
参加部員が少ない時は寂しさもありますがそれだけ多く稽古もできるというわけです。
 
その後裏千家流猛者のお手前の披露がありました。
「流し点て」というお手前で、亭主とお客様の一体感が醸し出し易いお点前だと思いました。
そういう点前の異同はともかく、立ち振る舞い、茶巾の扱い、幅紗捌きにも練度の差が感じられ、大いに参考になりました。
 
 
本日の軸は、釈洞々老師筆の『遊化』(前回同様Yさんが競り落としたという)
花は、下野(シモツケ)と十薬(ジュウヤク ドクダミ)(道場境内から)
  
お菓子は「わらび餅」と「若鮎」(今回も先生ご持参)
 
稽古が終わった後、8月27日(日)の「浴衣茶会」について話し合いました。
 
「浴衣茶会」は房総道場の他、市川、北国分の各教室で佐藤先生からご指導を受けている有楽流の門下生が一同に会して、
「先生へ感謝と労をねぎらい、技を磨き併せて相互の親睦を図ろう」というもので、
“協賛のお客様をもお招きして楽しく”がコンセプトだということでした。
 
追ってパンフレットも準備されます。ご興味をお持ちの方のご参加をお願いします。
 
合掌 元禮 拝
Copyright © 2013 人間禅 房総坐禅道場 (Powered by ImpressCMS)