メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2016 12月 » »
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
房総坐禅道場
房総支部 房総坐禅道場

〒284-0032
  四街道市吉岡1010

お問い合わせは⇒こちら




このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

房総ブログ - 20161217のエントリ

今日(16日)の「禅と茶のつどい」の参加者は、13名でした。
 
月に一度の太田先生の坐禅ワークショップの日でした。
 
今回はいつものワークショップとは異なり、禅修行への取り組みに関してのお話となりました。
 
日常生活の場と禅修行の場の違いに関して参加者にも分かり易く説明がありました。
 
「正しく」ということが、一つに止まる(正)という具体的な説明があり、理解を深めることが出来ました。
 
また、太田先生は来年の 1月28日(土)日暮里の人間禅・擇木道場にて以下のセミナーのゲスト講師です。
是非こちらにもご参加頂きますよう、ご案内差し上げます。
 
無端
 
───────────────────────────
第56回禅フロンティア(於:人間禅・擇木道場)
 
★禅フロンティア 『「脳科学」と「禅」』
~~己事究明の脳科学 ・・・ 自己はどこからやってくる?~~
 
「脳科学」と「禅」:己事究明の科学・・・自己はどこからやってくる?
 
21世紀になってから脳科学の分野で「自己」の構造についての研究がずいぶんと進んできています。
この分野でトップを走っている研究者の一人にアントニオ・ダマシオという神経学者がいることを皆さんご存知でしょうか?
ポルトガル生まれで現在 南カリフォルニア大学の教授をしているダマシオは、その研究成果を一般人にも分かりやすく説明する才能があり、その著作は日本語にも翻訳されているので既にお読みになった方がおられるかもしれませんね。
 
一番新しい著書は【自己が心にやってくる】というタイトルで、以前の著作には【感じる脳】【無意識の脳、自己意識の脳】があります。
一連の著作の中で、ダマシオは「自己」を発達史的に見て「中核自己」と「自伝的自己」に分けていますが、この概念は禅修行における自己のとらえ方を整理するのにとても役立ちます。
 
「中核自己」は今・ここのみの自己で胎生期から生後間もない頃の赤ちゃんの場合は、この「中核自己」だけの存在です。 
その後、成長とともにイメージや言語を操作する力が発達した後は蓄積した記憶を常に呼び起こすことで、過去・現在・未来を考える個我である「自伝的自己」が生後18ヶ月頃に成立し、そして「中核自己」に取って替わっていきます。
 
禅修業の意味は、この「二つの自己」の長所を知った上でそれらを相互補完的に使いこなすことである。
と主張されているのが今回ゲストにお迎えする太田先生の立場です。
 
太田先生はダマシオの言う二つの自己の構造が、<大脳辺縁系─自伝的自己─情動><体性感覚・随意運動系─中核自己─感情>という二つの異なった系列であることに注目して、脳科学の成果に基づき、禅の修行をより深めるための調息と調身の工夫をしてこられた人です。
 
このフォーラムでは太田先生の話題提供を取っ掛かりにして、皆様の感想やご意見、実践している座禅の工夫などについて活発な発言を期待します。
 
初心者からベテラン、そして老師まで参加される会なので、どんな立場の方にも今までにない方向から自分を見直すことのできるフォーラムになると思います。
 
どうぞお気軽にご参加ください。
 
太田東吾 精神科医 昭和40年人間禅磨甎庵劫石老師に入門・禅修業歴50年・道号は深達
司会 光永道虔(医師・禅修業歴27年)
 
【日時】
平成28年 1月28日(土) 
13:30受付 
14:30~15:45フォーラム 
15:55~17:00 座禅(老師が禅についてのお話をする時間もあります。
 
【費用】2,000円
※初めて座禅をされる方はテキスト代として別途500円が必要です。
 
【会場】人間禅擇木道場
JR山手線 日暮里駅 南口 徒歩3分
台東区谷中7-10-10 TEL03-3823-7647
 
【連絡先】
 
───────────────────────────
追伸
月に一度の太田先生の坐禅ワークショップの日でしたが、
12月は変則的に第3金曜日の開催となり、18時からの開催と案内されたこともあり、
ご参加の方々にはご迷惑をお掛け致しました。
お詫び申し上げます。
 

「禅と茶の集い」について詳しくは、コチラ
「禅と茶の集い」のブログは、blogs.yahoo.co.jp/zenntocha
問い合わせ先s.s.gison@nifty.com
 
   ↑
(ここをクリックすると、日本ブログ村に『禅』で登録しているブログのリストを見ることもできます。よろしかったらどうぞ)

Copyright © 2013 人間禅 房総坐禅道場 (Powered by ImpressCMS)