メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
房総坐禅道場
房総支部 房総坐禅道場

〒284-0032
  四街道市吉岡1010

お問い合わせは⇒こちら




このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
  • カテゴリ 静坐会・行事 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

房総ブログ - 静坐会・行事カテゴリのエントリ

本日(22日)は『禅と茶のつどい』主催の『第40回禅体験教室(全4回)』の4日目で、参加者は22名でした。
初日は参加人数が少なめで、スタッフは行方を心配していましたが、回を追うごとに増えてきて安心していました。
 
今回のテーマは『禅と剣道』、講師は佐瀬長和氏(千鈞庵霞山老師、剣道師範)でした。
家庭生活、社会生活を営みながらの禅について、歴史や体験談を交えながら剣道の例を中心に紹介されました。
剣道は剣道、禅は禅で違う
ものだが、
剣道でも禅でも人間力をつけることができる。他にも人間力をつけることが
できるが、いずれも禅と両方やるのが人間力をつける早道であると説明されました。
 
質疑応答では、「『人間力』を別の言葉で表すとどうなりますか」という質問などがありました。
 
講師が退席し、休憩の後に、今回の『禅体験教室』での最後の静坐(坐禅45分)をしました。
登坂会長より「集中する必要条件は姿勢が八割、気持ちが二割」という説明があり、皆熱心に取り組みました。
 
お話の中で私が印象に残っているのは、小川刀耕範士(忠太郎。無得庵。小野派一刀流免許皆伝。警視庁剣道名誉師範。)が、信頼のおける師範を探しいくつもの道場を渡り歩いたことと、戦後剣道が解禁されたばかりの昭和28年に警視庁剣道指導室師範に就任した時のエピソードです。
そのエピソードによれば、腕に覚えのある職員はその実力を疑い、大怪我覚悟の激しい稽古を挑み続けたが、本人はそれを楽しむこと三か月、ついに全員の信頼を得たそうです。
 
行きがかりで、「禅と茶の集い」200号を書かせていただきました。
ありがとうございました。
合掌(H)
 
『禅と茶の集い』は、今後は平常の日程となります。
なお、来週(29日)は5週目ですが、午後6時から静坐(坐禅)の後、太田先生(精神科医)のワークショップです。
途中からの参加も歓迎します。

日曜座禅会 蛍袋

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2018/6/17 23:50
本日(17日)の静坐会は、参加者が20名でした。
4月5月は毎週新しい方が新しいらっしゃったのですが、今月はいらっしゃらないですね。
季節と関係があるのかもしれません。
 
今日は少し涼しいくらいで、風が吹いており、屋外ではいろいろな鳥の声が聞こえます。
この鳥の声も、普段の生活では聞こえていても忙しさにかまけて、聞こえてないのかもしれません。
 
花もいろいろな花が咲きだしており、今日は蛍袋(ホタルブクロ)が咲いていましたので、玄関と到着簿のわきに活けて置きました。
 
45分間坐禅をして、お茶を飲んだ後に、写経をする人たちは緝煕寮に移動しました。
私は先々週から行っている階段の改修を手伝いました。
先週はコンクリートを打ちましたので、今週は型枠をとって仕上げです。
 
コンクリートの出ているところをグラインダーで削りました。
狭い中で形を直しますのでコンクリートの風塵が舞って、前が良く見えません。
作務とはいえ、座禅に来て何をしているのかなと思います。
竜安寺の石庭もこんなことをして作られたのかなとも思います。
 
後片づけをしていると、自治会からの呼び出しが、携帯に入りましたので帰ることとなりました。
忙しいことです。
 
鐘声
第40回禅体験教室「禅と茶道」(第3回)の報告
 
1.はじめに
私にとって、禅との出会いは、1978(昭和53)年、まさにこの「第1回禅入門講座」が開催されてからであり、今年で40年を迎える年となります。
お茶は、1984(昭和59)年より裏千家淡交会との縁があってからであります。
 
なんとか、これからも禅と茶をそれなりに、続けていければと思っております。
 
2.点前道具について
今日は、裏千家淡交会青年部のTさんも顔を出してくれました。
 
参加の呼びかけの仕方も、私らの時代は、新聞掲載でしたが、昨今は、ホームページを見て来る若い人も、少し増えているように思われます。
 
そんなことで、今回の体験教室は、かなり砕けた形で行いたいと思った次第です。
しかし、急きょ今宵は、私の管理組合の理事が亡くなり、お通夜となりました。
又、この会の当初からの会員で道友のO氏が亡くなって、ちょうど10年となる年でもあることから、茶がけは「夢」を掛けることにしました。
 
「夢」は、禅語の茶掛「一行物」・芳賀洞然如々庵老師の書によれば
『人生は畢竟夢なりという意味を託している。この一文はまさに大乗仏教の人生観を要約したものであるが、それをさらに圧縮したのが「夢」の一字なのである。
なお、茶人の間では、「夢」の軸は追悼の茶会にしか掛けない約束になっているようであるが、今日の一日の貴さに思いをひそめ、「一期一会」の思いを新たにしてこそ、道としての茶、真の茶道に近づくゆえんではなかろうか。』
と述べられております。
 
さて、本日の道具は、茶碗は小生の自作で、淡交会青年部の研修会で京都のあかね窯で焼いたものであります。
茶杓は自作で、棗は、道場の桜の木で作成して頂いたもの、さらに蓋置きは小生が、道場の作務で、茶花園の生け垣を作る時に、竹を切っていた際、くずとして捨てようとした時、待てよ竹の切り口をまじまじと見て「おう! 蓋置きよ!」と出会った、偶然の産物であります。
 
また、茶花は、いつも面倒を見て頂いているO氏よりの紫陽花であります。
 
そして、本日のお菓子は、笹餅で、私の大好な餅を用意させて頂きました。
 
3.おわりに
今日の体験教室は多いに私自身、楽しませて頂きました。
参加者は、総勢18名でしたが、残念ながら全員は茶室に入ることはできず、和室での一服を味わっていただきました。
 
最後に、全員で広間にて静坐をし、本日の第3回目となる今年の体験教室は無事終了となりました。
 
栗田和夫

有楽流茶道部稽古 慈雨に濡れ

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2018/6/11 0:00
慈雨に濡れ 緑輝く 房総道場
 
今日(6月10日)、日曜坐禅会が終わったあと、Mさん親子に立ち寄っていただきました。
最近二人でよくご参加いただいています。
 
話などしながらお抹茶を味わい、清談が続く一座建立となりました。
部員の一人が最近参加したという「白隠さんの会発足記念講演会(*1)」や「釈宗演遠諱100年記念特別展(*2)」も話題になりました。
 
部活動としても、お客様がきてくださった方が、茶道本来のおもてなしの心、気遣いの勉強にもなります。
ぜひ皆様も、坐禅のあと一服召し上がりに来てくださいませ。
 
今日の軸は良寛さんの和歌の拓本です。
写真では薄墨を塗ったようなグレー?でよくわからないので、元となっている歌碑のページをご紹介しておきます。
 
前述の白隠さんの講演の中でも「お坊さんは偉くなると『さん』づけされるんです。『一休さん』『良寛さん』『白隠さん』という具合です。管長とか総長とか、言われているうちはまだまだです」という一説がありなるほどなぁって思いました。
 
本日のお花は「ガクアジサイ(額紫陽花)」と、釣り花入れには「キスゲ(黄菅、黄萓)」が飾されました。
梅雨の季節は、自然豊かな房総道場では花ばかりではなく、林の木々も、緑葉も苔も活き活きと目に移ります。
 
お稽古の方は風炉に変わって2回目となりました。
台子は使わず、長盆(唐物茶入れ)のお点前をR水、Y水さんのお二方にしていただいた後、Tさんは大丸盆欄置きをお稽古しました。
一番修行の浅い私は、諸先輩のお点前を拝見した後に、一番簡単な「唐物茶入れ盆立て」というお点前を稽古させて頂きました。
 
お稽古の終わる頃に、作務を終えられた元禮さん、道舟さんに立ち寄っていただけましたので急きょ、薄茶も点てさせていただきました。
お二方のお茶もお菓子もおいしそうに召し上がる横顔を見ながら、雨の中の作務お疲れ様でしたと合掌した次第です。
素晴らしい環境の中、尊敬できる師範と先輩に囲まれ茶道を学べること、しみじみ「有難いなぁ~」と痛感する昨今です。
(Y)
 
===
編者註
(*1)「白隠さんの会発足記念講演会」
 
(*2)「釈宗演遠諱100年記念特別展」 釈宗演と近代日本——若き禅僧、世界を駆ける
 
特別対談「釈宗演とグローバリゼーション」(横田南嶺×馬場紀寿)
 
合掌 惟然 拝

日曜坐禅会 梅雨入り

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2018/6/10 19:20
本日(10日)の座禅(静坐)会は30名(女性6名)の参加でした。
したがって何人かは廊下にすわる状況でした。
新到の方は居りませんでした。
 
朝方は曇りで肌寒く感じました。お昼頃から小雨となりました。
 
通常通り9時から座禅(坐禅)と諷誦(読経)を行いました。
その後先週に続き隠寮への通路の改修作務を行いました。
 
作務参加者10数名でした。
しかし、すべて手作業で不慣れなこともあり、結構時間がかかりました。
 
終了は13時半ごろでした。
 
本日は月一回の茶道部稽古日でした。
私たちが下山した時間も、まだ稽古が続いていました。
 
合掌 不説 拝
今月は毎年恒例の禅体験教室で、6月8日第2回は「坐禅と呼吸」。
講師は理学療法士のYさんが担当でした。
 
前回(6月1日)の「禅とは・坐禅の仕方」では姿勢と坐り方についての話でしたが、今回は普段の呼吸と坐禅の呼吸の違いを、実際に体験して覚えることで調身・調息・調心に繋がっていくのが理解できました。
 
特に調息の説明で息という文字は自分の心であると言う説明は腑に落ちました。
 
次回(6月15日)は「禅と茶」で、美味しいお茶とお菓子をいただきながら、
禅と茶の関係のお話をしていただきます。
ぜひ次回もご参加ください。
                        担当 I

日曜静坐会 初夏の風

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2018/6/3 23:50
快晴の初夏の日曜日、爽やかな南風が吹き抜け、気持ちの良い一日となりました。
 
本日(6月3日)の日曜座禅会の参加者は20名。
新到の方はありませんでした。
 
静坐(坐禅・座禅)中にも、鳥たちの鳴き声が近くから聞こえてきます。
 
静坐後の打合せ、隠寮階段の改修作務と半日が足早に過ぎ去りました。
 
家に帰って一休みの後も、天候に誘われ近くの道を歩いてみました。
 
今年生まれたツバメでしょうか、青空を背に飛び交っていました。
 
合掌 無端 拝

緝煕会 坐禅と数息観について

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2018/6/2 23:50
6月の緝煕会の報告をしたいします。
 
道場の木々の緑は濃さを増し、ホトトギスが鳴いていました。
 
今回の参加者は5名でした。
作務、静坐(坐禅・座禅)の後の輪読会では、
磨甎庵老師が2010年の体験教室の際にお話しされた法話を皆で読みました。
その中に
『数息観』をしますと、人間が持っている心の宝、徳、そういうものの光が自然に現れてくる。
(中略)
本当の自分の正しい心に還れば、自然に人様に対しては、迷惑を掛けない。
慈悲の心が湧いてくるし、物事の善悪がよく見えて、智慧が湧いてくる。
とありました。
 
だから、
「一炷香一炷香を(*)おろそかにせず、しっかり数息観をせよ」と老師に言われている気がしました。
 
合掌 水精
  
===
編者註
*一炷香:一ちゅう香 炷は火扁に主
線香が1本燃え尽きる時間(約45分)の静坐
 
合掌 惟然 拝 
6月1日、禅体験教室、第1回を開催
 
一行三昧の説明に睡眠の例を用いて説明した。
眠れない時、雑念の悪循環に陥る。
 
坐禅により副交感神経を高め雑念を出にくくし、睡眠に集中させる。
一番の睡眠薬と思い実行している人もいる。
 
その後、坐禅の仕方の説明。
そして、20分、次いで10分実際に坐禅した。
 
真浄

日曜坐禅会  無人のような静寂

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2018/5/27 23:50
朝のうちは無風曇天。
道場周辺は、緑濃く清々しい雰囲気に包まれていました。
 
本日(27日)座禅会は21名が参加しました。
女性は4名、新到(初めて)の方は居りませんでした。
 
禅堂は窓を全開網戸にして、鳥の声などときおり聞こえるなか、一炷香(45分)坐り(坐禅・静坐)しました。
 
いつものことですが、堂内は(21人もいるのに)まるで無人のような静寂に包まれます。
週一度でもこの空気の中に自分を置けることを、私はとても幸せに感じました。
 
諷誦(読経)の後、居士寮で茶話をしました。
 
その後、隠寮への渡り通路の改修作務を行う人と、本堂にて写経と「典座教訓」を読むに参加する人が残りました。
 
『写経の会』(典座教訓を読む会)は今まで不定期で開催しておりましたが、6月からは原則第三週に行うこととなりました。
 
合掌 不説 拝
 
===
編者註
 
写経の会:
房総道場では、ほぼ毎月日曜座禅会の後に、少人数の有志により『般若心経』の写経の会が続いています。天候のよい時節には、遠足をしたこともあります。
 
この4月から、輪読(『典座教訓』を読む)が始まりましたので、私も久しぶりに参加させていただくことにしました。
テキスト:典座教訓・赴粥飯法 道元(著),平野正章(訳)
 
前回(4月)は「まえがき」
今回(5月)は「一 典座とは」の「典座の役割」を読みました。
 
先ず【読下し】を読んでから【訳】【解説】を読み、もう一度【読下し】を読んだ後、感想を話し合います。
 
今回は、道元禅師の入宋と帰国後について、伝教大師(最澄)弘法大師(空海)との比較などが話題となりました。
解説の
 京に帰り、以前修行したことのある建仁寺に止まって、日本仏教界の現状を見ると、「僧食の事、僧家作食法の事は、恰も禽獣の如し」とまで、識者をしていわせしめるほど、眉をひそめるめるような状態てあった。・・
の「恰も禽獣の如し」の部分について
布教師のお二人から、「何もしないでふんぞり返って餌を待つ」あるいは「手を使わずガツガツと口だけで食べ散らかす」という解釈があり、なるほどそういうことかと感心(反省)いたしました。
  
写経の会 第3日曜日 於:房総道場(緝煕寮) 
10:00~11:00写経(般若心経)
11:00~11:30「典座教訓を読む」
 
次回は、6月17日(日)
「一 典座とは」の「道心の要」
 
合掌 惟然 拝
Copyright © 2013 人間禅 房総坐禅道場 (Powered by ImpressCMS)