メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 4月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
房総坐禅道場
房総支部 房総坐禅道場

〒284-0032
  四街道市吉岡1010

お問い合わせは⇒こちら


または
090-7188-4873
  久保田
090-9827-8261
  みつなが
に電話ください。


このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

房総ブログ - 禅と歴史形成「禅と茶の集い」便り(189)

禅と歴史形成「禅と茶の集い」便り(189)

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2018/3/16 23:50
三寒四温で気温が乱高下した今週でしたが、室一杯の会員が参集し、輪読会からスタートです。
 
今日は『禅と対話する』の「禅と歴史形成」の章を読みました。
この章は社会学者の野沢教授と、白田老師との議論なのですが、片や社会科学者、片や宗教家の立場からの発言なので議論がかみ合っていないような・・
司会の島津先生が、間に入って質問をするのですが、
「禅を一人だけが極めてるんじゃなくて、たくさんの人が極めて、そのたくさんの人によって構成される社会があった場合」
という想定で質問を継ぎ足すのですが、困り顔の白田老師が見えるような気がしました。
輪読会メンバーからもいろんなキーワード、解釈をめぐって仏教や、歴史観などなど大いに議論が盛り上がりました。
 
そうした中、粛々と栗田さんが呈茶してくださりました。
ちょうど古参メンバーの大友さんのご命日ということで「夢」の軸をかけ、レンギョウの花を添え皆で追悼させていただきました。
 
座談後は東上床さんに助警をしていただき一柱香しっかりと坐禅できました。
警策を受けると、まるで「頑張れよ!」って無言の励ましがじんわりと背中から全身に伝わってくるようです。
帰路は一段と気温が冷え込む中、来週の再開を声かけながら散会しました。
 
来週は第4週なので6時から一柱香の坐禅、そして太田ワークショップ予定です。
禅と茶の集いは毎週どなたも大歓迎です。
ちょっと見学したいな、、、でもOKですよ~♪(Y)
 
「禅と茶の集いブログ」https://blogs.yahoo.co.jp/zenntocha

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/bousou/modules/d3blog/tb.php/942
Copyright © 2013 人間禅 房総坐禅道場 (Powered by ImpressCMS)