メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
房総坐禅道場
房総支部 房総坐禅道場

〒284-0032
  四街道市吉岡1010

お問い合わせは⇒こちら




このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

房総ブログ - 茶道部有楽流 青竹茶器

茶道部有楽流 青竹茶器

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2018/1/29 0:00

境内には4日も前に降った雪がまだ全には溶けきれず残っていて、ところどころには5㎝もあろうかと思われる霜柱が立っている寒い房総道場での平成30年の稽古初め。
 
今日は新年に相応しく青竹茶器を使っての稽古です。
これらの青竹茶器は昨年末本部道場で総裁老師以下の座禅仲間が3日間かけて手造りした25セットのうちの一部です。
柄杓や蓋置、菓子箸など小さい茶器は房総道場近傍の竹やぶの竹。大きな水指と花入れは茨城道場近くの竹やぶから頂いた竹で作ったもの。茶杓は市川本部道場の竹を削って作ったものです。
水指の蓋に使っている扇子には「春末草自生」と総裁老師がご揮毫下さいました。
 
参加者はいつものメンバーが1人欠けて4名+裏千家流のオブザーバーと、チョット寂しい稽古になるかと案じておりましたが、日曜座禅会を終わった方達11人もが詰めかけて下さって冷え切った感じの茶室も熱気ムンムンでした。
稽古は、3人が濃茶の「二置五飾り」のお手前、1人は「濃茶の平点前」でした。最後に裏千家オブザーバーによる平点前の模範点前の披露があって、午後2時過ぎに終りました。
花はMさん提供の白梅、蠟梅、椿の組み合せ
お菓子は先生ご持参の干支に因んで戌のゼリーととらやの羊羹。他に梅の甘煮が裏千家オブザーバーから差し入れられました。ありがとうございました。
  
Yさん持参の朝比奈宗源老師の墨跡
『松樹千年翠』
 
元禮 拝

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/bousou/modules/d3blog/tb.php/924
Copyright © 2013 人間禅 房総坐禅道場 (Powered by ImpressCMS)