メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 7月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
房総坐禅道場
房総支部 房総坐禅道場

〒284-0032
  四街道市吉岡1010

お問い合わせは⇒こちら


または
090-7188-4873
  久保田
090-9827-8261
  みつなが
に電話ください。


このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
  • カテゴリ ブログ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

房総ブログ - 禅修行の階梯を考える(5)「禅と茶の集い」便り(180)

禅修行の階梯を考える(5)「禅と茶の集い」便り(180)

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2017/12/22 23:50
冬至、一年で一番昼間の短い日に今年の「禅と茶の集い」最終日を迎えました。
第4週ですので坐禅一柱香のあとに太田先生のワークショップです。
 
本日は体験学習主体に印契を用いた歩行による修練から始まりました。
ハイヒールを履いたつもりでの踵上げての歩行や、踵を踏み下ろしての歩行、両手で風を感じながらの歩行など実際に体験しながら、体から何を感じるのか精神状態はどうかといった質問がばしばしときます。
ちょっとだけご紹介するとハイヒール歩きでは「生活感からの離脱」というのがキーワードでした。
 
つづいて聴覚の修練と続きます。
先生ご持参のCDで唱歌からマドンナ、クラッシックまで音を聞きながらそれぞれの聞き方を意識します。
普通は自然音にしろ音楽にしろ耳(鼓膜)で聞くものと思ってますが、ディスコティックな音楽は鼓膜でなく外耳道の皮膚で聴け!って言うのです。
ベートーベンのThe triple Conchrto in C Major,OP.56第二楽章 largoなどは目頭で聴くのにふさわしい音だと・・・
A.ボロディンの「中央アジアの草原にて」ではヴァイオリンの高音の弱音の持続音を眼頭で聞くのだそうです。
(自宅に帰って改めてネットで聴いたり調べてるうちに「音による絵のような曲」との紹介文を見つけました。)
(なるほど、目で聞くにふさわしい曲なんだと思い知らされると同時に、太田先生の博覧強記ぶりにあらためて驚かされました。)
 
最後に早めのお年玉と言いながら先生から、これまでの改定箇所も含めた新しいテキストブックが配布されました。
年末年始よく読み込んでおくようにとの言葉も添えられ、これではお年玉でなく宿題だーーー!と一同が思ったというのが今年の締めくくりです。
 
来年は1月5日18時より釈宗活老師の亀鑑の輪読から「禅と茶の集い」は幕開けです。
どなた様も歓迎ですのでぜひご参加ください。
それでは皆さん、良いお年をお迎えください。(Y)
 
 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/bousou/modules/d3blog/tb.php/912
Copyright © 2013 人間禅 房総坐禅道場 (Powered by ImpressCMS)