メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 11月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
房総坐禅道場
房総支部 房総坐禅道場

〒284-0032
  四街道市吉岡1010

お問い合わせは⇒こちら




このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

房総ブログ - シルバー植木職1年生 (その1)

シルバー植木職1年生 (その1)

カテゴリ : 
ブログ » 道場の姿
執筆 : 
惟然 2018/10/23 18:22
私は2年前の9月、65歳になるのを目前にして、長年にわたって携わってきた電気工事に関する仕事を退いた。
しばらくは何もしないつもりでいたが、佐倉市の広報でシルバー人材センター植木職講習受講生募集の記事を目にして申し込むことにした。
 
剪定は自分なりに自宅の庭や、九州の実家に帰った折にやってはいたが、この際趣味と実益を兼ねて一から剪定の基本を学び、年金暮らしの少しでも足しになればとの思いで申し込みをした。
幸い定員10名の中に入り、2月から9月まで40日間にわたる座学と現場実習のカリキュラムを終了し、この1年間は先輩の指導の下見習い期間で、10月から正規に時給1100円の植木職1年生となった。
シルバー植木職の年齢は60代前半から80才までと幅広く100名以上の人材がいる。
 
同期生10名の前職も様々で、中には植木職経験者もいるがほとんどが未経験者である。
そんな仲間が机を並べた座学と現場実習を終え、さらに1年間の見習い期間を経てやっと1年生となってスタートしたところである。“やっと1年生”という意味は植木職の仕事は技術と知識を伴うものであり、簡単に覚えられるものではない。
経験と勉強する意欲と最低限度の道具がないと続けるのは困難である。
 
それはそれとして、私がこの足掛け2年の間に経験した出来事が、これから先房総道場の庭木の剪定作業をする上で、少しでも参考になれば幸いとの思いで、何回かに分けてブログをしたためることにした。
 
合掌
 
平成30年10月23日 東上床鉄心記

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ningenzen.jp/bousou/modules/d3blog/tb.php/1043
Copyright © 2013 人間禅 房総坐禅道場 (Powered by ImpressCMS)