メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 11月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
房総坐禅道場
房総支部 房総坐禅道場

〒284-0032
  四街道市吉岡1010

お問い合わせは⇒こちら




このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

房総ブログ - 最新エントリー

日曜座禅会報告 小春日和

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2019/11/10 23:50
今日(10日)の日曜座禅会(静坐会)参加者は14名、内一般参加者3名(女性2名)、新到者はありませんでした。
 
雲一つない快晴の青空、葉が散った木の間からの木洩れ日で堂内も明るく感じられるヒンヤリした冷気の中での落ち着いた一炷香となりました。
 
いつもどおり静座(坐禅・座禅)、読経(諷誦)の後、参加者から喜捨の自家製蜜柑(みかん)等を戴きながら歓談。
 
その後、第二週に変更して行われた「写経の会」に参加して
帰る正午過ぎには、気温も20℃くらいまで上がり無風状態、心地よい小春日和でした。
 
≪ いつの間に 何処からとなく 秋の来て ≫
 
≪ また一枚 柿の葉の散る 昼下がり ≫
  
一徹 拝
11月の緝煕会の報告をさせていただきます。
 
千葉県を三度も襲った台風のために、9月と10月が中止になり、3ヶ月ぶりの緝煕会となりました。
今回の参加者は6名でした。
今日(11日)の道場は、秋の紅葉も終わり、落葉が一面に地面をおおって、もう冬のたたずまいでした。
 
台風のため、よごれていた堂内外を少していねいに清掃した後、いつものように一炷香坐り(坐禅し)ました。
今回は、長く坐っているかたばかりでしたので、皆さん集中し、気持ちよさそうに坐っていました。
『人間形成と禅』の輪読会のあと、抹茶をいただきながら近況報告をしました。
やはり、各々の台風被害の報告になりました。
停電や、家の一部の破損、親戚の家が住めなくなったり、農業用のハウスが壊れたりなど、今更ながら被害の大きさと、自然の猛威を感じました。
穏やかな天候で緝煕会を実施し、皆で集うことができること自体、幸せなことだと思いました。
 
合掌 水精

日曜座禅会 文化の日の作務

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
惟然 2019/11/3 23:50
本日11月3日は文化の日であり三日連休中です。
又、本部や他支部での行事もあって静坐会への参加者は少ないだろうと思いながら道場へ着きました。
 
一般参加の方4名(女性1名含む)会員7名、新到者は居りませんので11名で一炷香(45分)坐り(坐禅し)ました。
晩秋の静けさと肌寒さの中、静かに落ち着いて坐ることができました。
 
今日は第一日曜日の作務日でした。
台風15号倒木の片づけ(結構大変)もあるのに作務参加者は4・5人かと僭越にも予測して憂慮していました。
ところが何と9名もの方が倒木の後片付けに、しかも一般参加の方4名が全員用意した作業衣に着替えて参加していただきました。
 
お名前はひかえますが作務にご協力いただいた皆様には心から有難うございましたと御礼を申し上げます。
さらに、昨日まで本部摂心に参加した孤峰居士は、お疲れの中作務の始まる時間には仲間に混じってリャーカーを曳いて木材を運んでいました。
 
そんな状況でまだまだ杉林整理の作務は続きますが、何とか摂心結制の日(23日)までには下草刈りができるようにしたいと思いました。
 
不説 拝
 
禅と茶のつどい、11月1日の報告です。
『ブッダはなぜ子を捨てなのか』の輪読では、インドの仏教は「無我の仏教」で、日本の仏教は「無私の仏教」であった。
そして、ブッダが想像もしなかった「先祖崇拝、先祖=死者」への変容である。
 
お茶の亭主は森本さんで、菓子は栗羊羹(ようかん)。
参加者は9名。
 
次回は、19:00より一炷香
その後、懇親会です。
自由に参加してください。
 
眞浄

日曜座禅会 大雨のあと

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2019/10/27 23:50
秋の深まりを随所に感じながら、座禅道場につきました。
一昨日(25日)の大雨の被害は境内にはなかったようですが、そこかしこに枯れ枝が落ちておりました。
 
本日(27日)の座禅会参加者は14名(会員10名、一般男性2名・ 女性1名、新到者女性1名)でした。
市川の人間禅本部道場での摂心会が昨26日夕方より開催されたため、参加者は平常より大部少数でした。
 
直日の当番は私一心、助警は鐘声さん、聖侍は不説さんにお願いし、座禅会を定刻9時に始めました。
 
風の音、空調の音もなく、誠に静かな45分間でした。
 
座禅終了後、鉄心さんから新到者の紹介と、
次回(11月3日)の日曜座禅会は、月初めの作務を予定しておりますのでお時間のある方は是非ご参加いただきたい、
との連絡がありました。
 
読経(諷誦)後の懇談会では、Hさん差し入れの美味しいお菓子をいただきながら、
Tさんのボランティア活動のお話しや、佐倉市の水害の様子などが話題となりました。
 
一心 拝

日曜座禅会 十月桜

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
惟然 2019/10/20 23:50
本日(20日)は17名の参加がありましたが、台風19号の影響もあり未会員の参加は3人と少なかった。
第3日曜であり、静坐会の他に色々な催し、活動がありました。
 
前日の土曜日の夜から、月1回の宿泊静坐会『直心会』が行われました。
午後7時から2炷香の静坐の後、懇親会となりました。
 
日曜座禅会の後は、『茶道部(有楽流)』の呈茶と稽古、『写経の会』で写経と典座教訓の輪読が並行して行われました。
新到(初参加)の若い男性は、道場長の案内で静坐前後には作務を体験し、その後、有楽流のお点前を見学されました。
 
今回の日曜静坐会の直日(じきじつ)とブログの担当であった小生は、早朝5時半かの『直心会』の静坐から参加しました。
この朝一番の一炷香は、修行歴30年40年のベテラン居士を前にして、修行歴の浅い小生が直日を勤めさせていただきました。
薄暗い禅堂を、線香の赤い点灯から無風の堂内に紫煙が真っ直ぐ立ち昇る風景に数息観が深まり、かつてない深い禅定を感じ、充実した静坐せした。
 
山武郡芝山町に引っ越して十数年になりますが、毎年このころに薄紅色の桜が咲きます。
道場の副司寮の『牧野植物大図鑑』で調べると、ヒカンザクラの園芸品の一種で「十月桜 Autumnaks Makino」とありました。
牧野富太郎博士が命名されたものと思います。
更に、先輩道友が調べてくださり、日蓮上人が10月13日に入滅された池上本門寺辺りでは、この時期に「御会式(おえしき)桜」が咲き。桜紙で作った万灯(まんどう)が飾られるそうです。
 
因みに、今年の芝山町は10月1日頃に開花したと記憶しています。
年によっては、12月初旬まで咲くこともあります。
 
孤峰 拝

房総道場の台風被害

カテゴリ : 
ブログ » 道場の姿
執筆 : 
惟然 2019/10/13 23:50
房総道場の台風被害はほとんどありませんでした。
 
中止になった日曜座禅会(13日)ですが、有志7名による座禅(静坐)と読経(諷誦)は実施されました。
 
何か被災に遭われた方は連絡をお願いします。
来週からの日曜座禅会にも積極的に参加をよろしくお願い致します。
 
 嶢山 拝 (元禮代筆)

有楽流茶道部 平手前五万回

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2019/10/7 23:50
台風15号の爪痕があちこちにまだ残っている房総道場です。
自慢の杉林も二十本余りが折れ、あるは倒れ、折れ落ちた枝があちこちに散乱しています。
片づけにはまだ暫く時間が必要です。ススキもかなり傷みつけられましたが、天高く澄みきった空の下、通り過ぎる秋を惜しんでいるかのようです。
 
台風の後始末に忙しい方、健康の優れない方もおいでのようです。
結局本日(9月27日)の稽古参加者、私一人となりましたので、予定を変え、日曜座禅会参加の方々へのおもてなしをもって稽古にかえることにしました。
お点前は久しぶりに薄茶の大丸盆乱置きとしました。
お客様は新到1名を含む6名と裏千家オブザーバーでした。
何度か経験済みのお手前ではありましたが、【平手前五万回】の言葉を胸に、真剣に点てました。
 
本日は趣向を変えて、茶室に掛かっていた耕雲庵老大師の墨蹟『常転如是経』(*)をもって軸にかえさせていただきました。
この言葉につきましては『五灯会元』巻1に読み下し文があるようです。
興味をお持ちの方はご確認ください。
 
先生ご持参の「ふわふわ饅頭」です。言葉のイメージとは違って形の如く「栗饅頭を想わせる美味しさ」、というのが皆さんの感想でした。いつもいつも有難うございます。
 
「やぶみょうが」と「彼岸花」です。農道に咲いていました。
 
合掌 元禮
 
===
*註
 
常転如是経
 
般若多羅尊者、因東印度国王請、祖斎。諸人尽転経、唯師為甚不転。
貧道出息不随衆縁、入息不居蘊界、常転如是経百千万億巻。
非但一巻両巻。
 
常転如是経 百千万億巻。
常に是(か)くの如きの経を転ずること 百千万億巻なり。

日曜座禅会 看却下

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2019/10/6 23:50
本日(6日)の日曜座禅会の参加者は17名。
 
暦の上では秋ですが、お彼岸を過ぎても気温が下がらず夏のような気候が続いています。
 
今日はようやく少し涼しくなってきたようで、
禅堂に坐っていると窓から入ってくる風が肌寒く感じられました。
 
台風15号の強風で、千葉県は甚大な被害を受けました。
房総禅道場も、先日の一泊参禅会・座禅講習会に合わせて境内を整備しましたが、
それでも手の回らない処も多く、月に一度の作務日に合わせて再度掃除を行いました。
 
ところで静坐が終わって今日の参加者の集計をしたのですが、
一心さんは参加者17名、私が数えると16名。
 
どうしても合わないのですが、何のことはない私は自分を数に入れていなかった訳です。
自分を中心にしていると周りばかりに気が向いて、内側がおろそかになる・・・。
 
禅語に「看脚下」脚下を看よ。(他を見るな、自己の足元に気を付けよ)とありました。
 
合掌 無端
9月28日(土)擇木禅セミナーの「わび茶の研究」に参加してきました。
本勉強会のメインテーマは芳賀幸四郎著『わび茶の研究』でした。
 
本テーマは、「わび茶の歴史とその理念」でわび茶を概観し、次いで「創成期の茶道」「千利休とその時代」「近世茶道の展開」、そしてまとめとして「茶と禅」を学ぼうという壮大なものです。
 
 
 
 
本日の片桐石州については、他の資料にも大名茶(武家茶)とあり両者の定義づけがしっかりなされておりませんでしたが、あえて定義づける必要もなく、大名が儀礼としてお茶をいう場合は「大名茶」であり、武士として茶を嗜む場合は「武家茶」といっていいのではないかと思いました。
 
 
 
金森宗和は、片桐石州と同じく千道安の流れをくむ武人でありましたが、その茶の湯は繊細で優美であったため「姫宗和」とよばれました。
それが堂上人に歓迎され、後西天皇などは「これこそ茶の湯だ」と言われたといいます。
宗和は「すべてが完全な形でないと茶の湯とはいえない。
茶道具を初めてはこんでくるところから、茶の湯が終わって茶道具をしまうところまで、いっさい気をゆるめてはならない。
いつもたゆまぬことが茶の心である」といっていたそうです。自分の茶を反省させられました。
 
次回は「千家の再興と三千家」です。
楽しみに待ちたいと思います。
 
元禮
 
====
註:
茶道勉強会:『擇木禅セミナー』の一環として開催されており、今回が72回目です。
 
 
現在は年6回 金曜日夜~土曜日夕
会場:人間禅 擇木禅道場(東京・日暮里)
 
概要( 全部でも一部でも参加可能 )  
<1日目(金曜日)>
(1)小川忠太郎先生の境涯を学ぶ会 午後8:00~午後9:00 剣書読書会(1時間)
(2)東京で夜一番遅い座禅会 午後9:15開始 ~翌日午前8:00
<2日目(土曜日)>
(3)『人間形成と禅』輪読会 午前8:45 ~9:45終了
(4)『女性と禅』輪読会 午前10:00 ~午後 0:10
 
(5)わび茶の研究( 茶書読書会 ) 午後 1:30 ~午後 2:30 
 
(6)禅フロンティア(各方面で活躍している方を招いてのフォーラム) 午後3:00 ~午後6:15終了予定
フォーラム(1時間45分) 坐禅(45分) 参禅(45分)
 
合掌 惟然
Copyright © 2013 人間禅 房総坐禅道場 (Powered by ImpressCMS)