メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
房総坐禅道場
房総支部 房総坐禅道場

〒284-0032
  四街道市吉岡1010

お問い合わせは⇒こちら




このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索

房総ブログ - 最新エントリー

日曜座禅会 気持ちのよく集中

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2018/9/23 23:50
今日(23日)の日曜座禅会の参加者は、19名といつもより少なめでした。
新到者も3名の方が来ました。
2名の方に急用が出来たとのことで、20歳代の1名男性が最後まで参加されました。
 
いつも通り、10分前に板木が鳴り9時から座り(座禅し)ました。
先日まで、雨が降ったり暑かったりしていましたが、今日は涼しくて気持ちの良い天候です。
林の中では、蜩(ひぐらし)が遠くで鳴いています。
いい気候で座り易いためか、皆さん集中しているようで姿勢もよく、警策が鳴ることはありませんでした。
 
座り終わって、読経も終わってから、居士寮で鉄漢さんの作った栗の渋皮煮で、お茶を頂きました。
今年も大粒で甘くておいしいです。
今年の夏は、暑さが厳しくて野菜物がだめでしたが、栗などの果物は出来が良いようです。 
お茶を飲み終わって、私は一徹さんと一緒に帰りました。
 
鐘声
1.はじめに
第三金曜日は、読書会と呈茶があり、ブログも私が担当いたしております。
 
本日の例会を開催するにあたって、「外国人の女性が来てるよ!」との伝言が伝えられました。
 
さて、私の知る限りでは、外国の人が来られての読書会・呈茶は初めての経験です。
 
名前は、Kさんとしておきますが、名字は日本名です。
中高年の女性ですが、なんと、博士論文を「英 一蝶(はなぶさ いっちょう)」について書いたと言う博識の方で、日本語を話すことも読書会の「禅と対話する」を読むことも、不自由していないようでした。
そんな頼もしい方を交えての金曜例会がスタートしたのです。
 
2.読書の時間
「禅と対話する」の「禅の伝法と布教について」の項を輪読しました。
今日は、布教と言う事で、禅の布教は、「一個半個を鍛える、来るものは拒まず、去る者は追わず」と言っているわけで、どうも他の宗教と比較して違いが際立っていると思われるのですが、Kさんにそのあたりを聞いてみました。
彼女の禅に対する考え方は、どうも今はやりのマインドフルネスとは対照的で、
「音楽やイメージを使ったマインドフルネスは、違う、むしろ邪魔でいらない。」
というのです。
そして座禅より禅そのものだけで良いと言っておりました。
私には、なんとなく、分かったような分からないところがあるんですが、彼女は、曹洞禅を体験してこられたとのことで、只管打坐を前提として言っているのかなと思ったしだいです。
 
そんなことで、今日は、国際的な雰囲気のもと、江戸時代・元禄文化の画家「英 一蝶」にも通じる彼女を交えての話は、大変興味深いものとなりました。
 
3.呈茶

本日の抹茶はいつもの「鶴聖」、茶菓子は餡子の入っていな
い「くるみ餅」です。
くるみ餅は、餡の入っていない分、食べるのには、喉につかえないよう、充分に注意して食べて頂きたい旨お伝えしました。
 
そして茶花ですが、時節がらの、まさに秋の風情を一杯にした草花を用意致しました。
  
4.静坐
静坐ですが、助警がIさんで、Kさんの坐そうは、どうかといいますと、日本坐で、脚も長いので、「もう少し、座布団を高くしたらどうですか。」とのアドバイスを行っておりました。
 
5.おわりに
本日は、総勢9名でした。
Kさんが加わって、国際色豊かな、禅風景が味わえたかなと思っております。
 
今後、我が「禅と茶の集い」も、多様性の時代を迎え、様々な人々との禅交流の場となっていくのかなと、将来が楽しみな思いと、又禅本来の姿は変わらないであろうという想いが交錯しております。
 
 
さて、来週は、第4週で午後6時から静坐で、その後、太田先生によるワークショップとなってます。
 
また、10月12日金曜日は、「千葉コミュニティセンターまつり」があり、お休みですのでご注意ください。
 
記録者・実性

= 目 次 =
【1】近況(房総禅道場短信)
【2】行事報告
<1>日曜座禅会 2018/9/16
<2>有楽流茶道部 2018/9/16
<3>写経の会・典座教訓を読む 2018/9/16
【3】行事のご案内
<1>日曜座禅会(静坐会):毎週日曜日午前(次回9月23日)
<2>緝煕会(女性のための静坐会):原則第1土曜日午前(次回10月6日)
<3>有楽流茶道部:月1回日曜日昼(次回10月7日)
<4>写経の会(『典座教訓』を読む):原則第3日曜日昼(次回)
<5>仏教講座第3期[会場:擇木禅道場]:10月6日(土)『維摩経』(3)
<6>一宮静坐会[会場:上総一ノ宮]:第2・4火曜日午後(次回9月25日)
<<予告>>
<1>房総禅道場文化講演会「ドリームマップと禅」10月21日(日)
<2>第174回房総禅道場摂心会 11月17日(土)~24日(土)
【4】房総禅道場:当面の予定
 
= はじめに = 
 
房総禅道場から第184号のメールマガジンをお送り致します。
 
自然豊かな道場の朝夕は、秋を奏でる虫たちが、思い思いの旋律を奏でています。
【暑さ寒さも彼岸まで】とはよく言ったものです。
ようやく過ごしやすくなりましたったこのごろ、道場の行事にも参加してみませんか。
 
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
 
【1】近況(房総禅道場短信)
・ブラック企業
 
ブラック企業という言葉が言われるようになったのはいつ頃のことだったでしょうか。
 
今では職場のみならず日本の社会全体が自分たちを締め付けて、実に余裕の無い生活が当たり前になっている感があります。
 
先日、転職を考えているという若者と話す機会がありましたが、今の職場ででは将来の見通しが立たない、ただ時間の切り売りをしているだけで、自分自身が使い捨てにされている様に感じられてならない、ということでした。
私もまだ働いている世代ですが、マンパワーの足りないなかで、いつもぎりぎりで仕事をしている状態が続いており、同じようなつらさを多くの日本人が感じているだろうと容易に想像できます。
 
そんな中で私の場合は坐禅が救いになっています。
どんなに忙しくても1日1回は閑(しず)かに坐る(坐禅する)ことで心をリセットできる。
また、月に1回2回ですが、道場に行けば同じ目標を持って頑張っている仲間にも会える。
年に数回ですが、摂心会に参加すれば正脈の師家の指導を受けることができる。
生活の中に坐禅があることで、苦しい中でも、到らない自分であっても、自分の人生の中にぶれない軸を持っていられる。
このことが今までの自分の半生で実に得がたいことであったと感じられています。
 
自分一人だけでは、生活の中に禅という軸を作ることはまずできないと、私自身を振り返ってそう思います。
皆でやっているからこそ続けられるんだと思います。
皆さんの人生の中に禅という軸を作るために、ぜひ座禅道場を利用していただきたいと思います。
 
そして、皆さんが参加されることで、房総座禅道場が維持され後の世代に引き継がれていくのですから、そのことも大変意義深いことであると考えています。
 
道虔 
 
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
 
【2】行事報告
<1>房総ブログ - 日曜座禅会 夏から秋へ 2018/9/16
 
9月16日の日曜座禅会の参加者は24名でした。
 
このところ秋雨が続き、暑かった夏から秋へと季節が替りました。
静坐をしていても汗をかくことがなくなり、これからが坐禅に適した季節となります。
 
45分の静坐の間、開け放した窓からはヒグラシでしょうか、蝉の声が聞こえてきます。
しかし、8月のようには、大きな鳴き声に聞こえません。
 
【寒蝉抱枯木 泣盡不回頭】
寒蝉(かんせん)枯木(こぼく)を抱き、泣き尽して頭(こうべ)を回(めぐ)らさず。
 
虫に単と書いて蝉。無心に只管(ひたすら)に鳴いていました。
 
静坐の後は、抱石庵老居士お手製の栗の渋皮煮をご馳走になって歓談。
下山する人、写経の会(典座教訓を読む会)、有楽流茶道部の稽古と、各々分かれて行きました。
 
久しぶりに田舎道を歩いて帰りました。
柿の実は色づき始めたばかりですが、所々に彼岸花が咲き始めていました。
 
合掌 無端
 
<2>房総ブログ - 有楽流茶道部 雨あがり 2018/9/16
 
あの暑さはなんだったのでしょう‼、まるで嘘のようなここ数日の涼しさです。
雨あがりのせいもあって、隠寮茶室の庭はしっとりと水気を含んでいます。
どこからかやや遠慮気味なスイッチョ⋯⋯⋯スイッチョと、虫の声も聞こえてきました。 
(略:続きは房総ブログをご覧ください)
  
<3>房総ブログ - 写経の会・典座教訓を読む 献立の相談 2018/9/16
 
本日(16日)の参加者は6名で、二『典座のつとめ』より『献立の相談』を読みました。
今回も、読下しと訳を読み終えた後、自由に感想を話し合いました。
 
先ず鉄心居士から、本部道場で典座長をしていたときの体験談があり、
他の参加者も、自宅で典座をしている様子などを紹介しあいました。
その中で、最近の健康ブームで注目の「雑穀」「玄米」の効能や、「玄米」の食べ方なども話題になりました。
 
合掌 惟然 拝
 
房総禅道場では、有志による写経の会を毎月一回行っています。
そして、今年の4月からは、その延長で『典座教訓(*)』の輪読も始めました。
*テキスト:『典座教訓・赴粥飯法』道元(著),平野正章(訳) 
 
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
 
【3】行事のご案内
 
<1>日曜座禅会(静坐会)
毎週日曜日 9:00~ :会場:房総坐禅道場 本堂
 
9月30日の問い合わせ・予約申し込み
 
10月7日の問い合わせ・予約申し込み
 
『日曜座禅会(日曜静坐会)』(房総禅道場の歴史と行事より)
 
--------
<2>緝煕会(女性のための静坐会) 会場:房総禅道場 緝煕寮
毎月1回 第1土曜日(原則) 9:00~11:30 
 
10月6日の見学の申し込みなど
 
緝煕会のご案内 (房総禅道場の歴史と行事より)
 
--------
<3>有楽流茶道部 会場:房総禅道場 隠寮(茶室)
毎月1回 日曜日 10:15
 
10月7日の申し込みなど
 
有楽流茶道部 (房総禅道場の歴史と行事より)
  
--------
<4>写経の会(『典座教訓』を読む) 会場:房総禅道場 緝煕寮
毎月1回 第3日曜日(原則) 10:00(日曜座禅会終了後適宜開始) 
 
×10月21日(第3週)は行事のため休止。 
 
『写経の会(典座教訓を読む)』(房総禅道場の歴史と行事より)
 
--------
<5>仏教講座第3期  会場:擇木禅道場(東京・日暮里) 
10月6日(土)『維摩経』(3) 
 
擇木ブログ - 第3期仏教講座『維摩経 生活の中にある菩薩道』
 
--------
<6>一宮静坐会
[会場:上総一ノ宮]:第2・4火曜日午後(次回10月7日)
毎月 第2・第4火曜日 (会場:一宮町15区青年館)
 
9月25日の申し込みなど
 
========
<<予告>>
 
<1>人間禅房総禅道場 文化講演会「ドリームマップと禅」
10月21日(日)
 
--------
<2>第174回房総禅道場摂心会
11月17日(土)~24日(土)
 
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
  
【ご意見、ご感想、掲載・配信等に関するお問合せなどはこちらから】
↓↓
 
*******************************
 
人間禅 房総禅道場
 
〒284-0032 四街道市吉岡1010
 
*******************************
= はじめに = 
 
房総禅道場からメールマガジン第184号(臨時増刊:行事のご案内)をお送り致します。
 
来る10月21日(日)には、日曜座禅会に引き続いて、文化講演会『ドリームマップと禅』を開催します。
千鈞庵老師(房総禅道場担当師家)も入山されますので、直接指導を受けることもできます。
昼食は、中庭で芋煮会(懇親会)で交流を深めます。
折角の機会ですので、是非ご参加をご検討ください。
 
空を見上げれば、入道雲はなくなり、すっかり秋の雲となりました。
皆様のご参加をお待ちします。
 
= 行事のご案内 =
 
 
 
 
 
【3】第174回房総禅道場摂心会 11月17日(土)~24日(土)
 
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
 
【1】日曜静坐会・文化講演会・芋煮会(懇親会) 10月21日(日)
 
(1)日程概要
9:00 日曜静坐会(45分座禅。希望者には老師と面談。)
10:15 文化講演会『ドリームマップと禅』
12:30 『芋煮会』(中庭にて昼食を兼ねた懇親会)
(14:00 終了予定)
 
 
ドリームマップとは、夢を描き、人生を豊かにするためのツールです。
 
見えない末来への恐れや自信のなさは、ほとんどが自分で自分にかけたこだわりや妄想です。
禅はそうした念慮を手放し、自然な自分を取り戻す実践です。
 
主体的に生きるというドリームマップの理念と、禅との関係が、今回のテーマす。
 
(3)講師:三輪裕子氏((一社)ドリームマップ普及協会 副代表理事)
 
(4)日程詳細
8:30(~9:50)文化講演会の受付開始
 
<送迎>8:20 (要予約 配車の都合により)
JR四街道駅の南口ロータリー または 千葉都市モノレール千城台駅の駅下
 
(8:50 板木:入堂の合図)
9:00~9:45 『日曜座禅会』(希望者には老師との面談)
 
(会場設営)
10:00 入堂 
10:15~12:15 文化講演会『ドリームマップと禅』
 
12:30 『芋煮会』(中庭にて昼食を兼ねた懇親会)
 
14:00 終了予定
(受付は9:50までに済ませてください)
 
(5)参加費
一人 2000円(資料代、懇親会費も含む 日曜座禅会は無料)
(日曜座禅会のみの参加者:200円)
 
(6)用意
坐禅のできる服装(細すぎない滑りにくいズボン、和服の場合は袴、長いフレア系スカート等)
 
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
 
【2】一泊参禅会 20日(土)夜~21日(朝)
(1)日程概要
・1日目(20日(土))
(準備作務集合 14:00)
静坐(座禅)19:00
参禅    20;00
懇親会 準備でき次第
開枕    22:00
 
・2日目(21日(日))
起床    5:00
静坐    5:30
参禅    6:30
朝食    7:10
(講演会準備 8:00)
 
(2)参禅とは
師家からいただいた公案を坐禅をして工夫し、その見解(けんげ 回答のこと)を師家に呈して深浅・邪正を判別してもらう修行をいう。他では入室独参(にっしつどくさん)や単に独参(どくさん)ということもありますが同じ意味です。
 
また、曹洞宗では坐禅に来ることそのものを参禅と言います。臨済宗では坐禅しに来るだけでは参禅とは言いませんので、時々話が食い違ったりします。
(擇木禅道場HPより)
 
参禅の時間、大衆は静坐(座禅)を続けます。
 
参禅には手続きが必要です。
関心がある方はお申し出ください。
 
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
 
【3】第174回房総禅道場摂心会 11月17日(土)~24日(土)
 
摂心会:心を摂する会。摂心は、心を治めて散らさないの意。
一定の期間(人間禅の場合は通常1週間)、正脈の師家の指導の下に本格の禅の修行が行われる会。
一週間、道場に泊まり込んで坐禅や作務などの修行を行うので、禅の強化合宿のようなものである。
人間禅の場合、市川の本部道場で行われる春と秋の本部摂心会、各支部や禅会で行われる摂心会がある。
茶禅一味の会や禅フロンティアなど特別なイベントに行われる場合は、参禅会として区別されている。
専門僧堂やお寺では、接心会と言う漢字を使うところが多いのですが同じ意味です。
(擇木禅道場HPより)
 
摂心会とは
 
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
 
 
*******************************
 
 
〒284-0032 四街道市吉岡1010
 
*******************************

有楽流茶道部 雨あがり

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2018/9/18 23:50
あの暑さはなんだったのでしょう‼、まるで嘘のようなここ数日の涼しさです。
雨あがりのせいもあって、隠寮茶室の庭はしっとりと水気を含んでいます。
どこからかやや遠慮気味なスイッチョ⋯⋯⋯スイッチョと、虫の声も聞こえてきました。
 
今日の参加者は、ベテラン部員2名と私です。
Tさんは夏バテの回復に手間取って大事をとってお休み。
Yさんは仕事の都合で暫くお休みと、チョット寂しい稽古です。
それでも時折りお手本を見せて下さる準会員的存在の裏千家のオブザーバー、日曜座禅会を終わった4名の会員が激励に入席して下さって、稽古に勢いがついた感じでした。
 
今日は人数が少ないこともあって3人が同じく『大丸盆極真二ッ袋(天目茶入)』〈ただし便宜上草の台子使用〉の稽古を一度ずつ行いました。
このお手前(点前)では通常使用する紺袱紗のほかに、台子裏を拭う浅黄色の袱紗、天目茶碗の下に敷く袱紗の計3枚が必要とあって、“そこまで!”の思いがしないでもありませんでしたが、袱紗1枚1枚をさばくことによって心も錬られるか、と思い直して取り組みました。
 
まず、経験済みの先輩2氏からが模範の点前の披露があり、次いで見様見真似で継ぎはぎだらけではありましたが、私も一通り完遂させていただきました。
 
今日の軸は如々庵老師筆の『不識』。
お菓子は、先生ご持参の「蕨餅(わらびもち)」と「羊羹(ようかん)」。
花は境内からの「彼岸花(ひがんばな)」「薊(あざみ)」と「藪蘭(やぶらん)」をくみあわせました。
(花の割に花器が小さ過ぎた感じでした。)
  
 
元禮
本日(16日)の参加者は6名で、二『典座のつとめ』より『献立の相談』を読みました。
今回も、読下しと訳を読み終えた後、自由に感想を話し合いました。
 
先ず鉄心居士から、本部道場で典座長をしていたときの体験談があり、
他の参加者も、自宅で典座をしている様子などを紹介しあいました。
その中で、最近の健康ブームで注目の「雑穀」「玄米」の効能や、「玄米」の食べ方なども話題になりました。
 
合掌 惟然 拝
 
房総禅道場では、有志による写経の会を毎月一回行っています。
そして、今年の4月からは、その延長で『典座教訓(*)』の輪読も始めました。
*テキスト:『典座教訓・赴粥飯法』道元(著),平野正章(訳) 

日曜座禅会 夏から秋へ

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2018/9/16 18:00
9月16日の日曜座禅会の参加者は24名でした。
 
このところ秋雨が続き、暑かった夏から秋へと季節が替りました。
静坐をしていても汗をかくことがなくなり、これからが坐禅に適した季節となります。
 
45分の静坐の間、開け放した窓からはヒグラシでしょうか、蝉の声が聞こえてきます。
しかし、8月のようには、大きな鳴き声に聞こえません。
 
【寒蝉抱枯木 泣盡不回頭】
寒蝉(かんせん)枯木(こぼく)を抱き、泣き尽して頭(こうべ)を回(めぐ)らさず。
 
虫に単と書いて蝉。無心に只管(ひたすら)に鳴いていました。
 
静坐の後は、抱石庵老居士お手製の栗の渋皮煮をご馳走になって歓談。
下山する人、写経の会(典座教訓を読む会)、有楽流茶道部の稽古と、各々分かれて行きました。
 
久しぶりに田舎道を歩いて帰りました。
柿の実は色づき始めたばかりですが、所々に彼岸花が咲き始めていました。
 
合掌 無端
9月14日(金)奇数月の第2週は7時から1炷香(1ちゅうこう:45分)坐禅をしその後懇親会を行います。
 
今回の参加者は坐禅は9名、懇親会(今月のテーマは名月を見る会)は8名でした。
 
毎回恒例のジュリアンで世間話やら、人生論などで盛り上がり楽しく過ごしました。
 
次回の懇親会は11月8日で、テーマは未定です。
 
来週9/21は午後6時から読書会、呈茶、坐禅といつも通りです。
 
皆さまの参加を、お待ちしてます。(I)
 

「禅と茶の集いブログ」
問い合わせ先 yfe53531@nifty.com

『房総禅道場通信』第183号 2018.9.14.

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
惟然 2018/9/13 23:50
『房総禅道場通信』第183号(抜粋)2018.9.14. 人間禅房総禅道場
 
= はじめに = 
 
房総禅道場から第183号のメールマガジンをお送り致します。
 
この夏は日本列島各地に自然災害が続き、道場も酷暑の日々でした。
ようやく秋風が吹き始め、境内を散策すると、本格的な秋の足音が・・。(⇒【1】近況)
この秋、よろしければ道場の行事に参加して、特別なひと時を過ごしてみませんか。
 
= 目 次 =
 
【1】近況(房総禅道場短信)
【2】行事のご案内
<1>9月16日(日)9:00 日曜座禅会(静坐会)
<2>9月16日(日)10:00 写経の会(11:00 『典座教訓』を読む) 
<3>9月16日(日)10:15 有楽流茶道部
<4>10月6日(土)緝煕会(女性のための静坐会)
<5>10月6日(土)仏教講座第3期 『維摩経』(3)(会場:擇木禅道場)
<<予告>>
<1>房総禅道場文化講演会「ドリームマップと禅」10月21日(日)
<2>第174回房総禅道場摂心会 11月17日(土)~24日(土)
【3】その他の行事報告
【4】房総道場:当面の予定
 
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
 
【1】近況(房総禅道場短信)
・久しぶりの道場留護
 
久しぶりに留護(*)をしました。
この時期の道場の夜の静けさは特別で虫の声一つも聞こえず、騒音に慣れ親しんでいるせいか余りに静かすぎてか、開枕前の一炷香は寂しいものでした。
  
日曜日早朝一炷香の静坐を終えて境内を散策してみました。
二番咲き(といっていいのかどうか?)の宗旦槿(そうたんむくげ)が2~3個、杉林には雑草に交じって白杜鵑(しろほととぎす)があちこち咲いていました。
 
山道横の林には栗が一つ落ちていました。
「かってここは栗林であった」そうです。
 
道場の裏の田んぼでは稲の天日干しに使われたのでしょう稲架(はざ)が取り込まれるのを待っているようです。
風もないのに時折り木の葉が舞って、季節はもう秋であることを知らせていました。
 
9時から日曜座禅会です。
7時過ぎにはIさんが入山され、居士寮・禅堂の掃除機かけをやって下さいました。
7時半頃、珍しくYさんが見え、思わず「ウエルカム‼」とふざけた声を掛けたりもしました。残念ながら,「今日は仕事なので参加できません。チョット用事があって来ました」とのことで早々に下山されました。
 
8時前後から常連が次々と入山し、堂内の掃き拭き掃除や、風で散った落ち葉を掃きあつめるなどして、清々しい道場を甦らせて下さいました。
 
誰か言ったのか“道場は心の故郷”の言葉がふと思い起こされました。
  
元禮
  
---
編者註
*:留護(りゅうご)
房総禅道場が昭和58年に落慶した当時は、土曜日の夜に二人の会員が交替で宿泊し、建物の点検などをしました。これを留護といっていました。
その後、宿泊せず一人で各棟の開放などをするやり方に代わりましたが、今年度よりそれもなくなりました。
 
房総ブログ には画像もアップしてあります。
- 『房総禅道場通信』第183号 2018.9.14.
久しぶりの道場留護
 
久しぶりに留護(*)をしました。
この時期の道場の夜の静けさは特別で虫の声一つも聞こえず、騒音に慣れ親しんでいるせいか余りに静かすぎてか、開枕前の一炷香は寂しいものでした。
  
日曜日早朝一炷香の静坐を終えて境内を散策してみました。
二番咲き(といっていいのかどうか?)の宗旦ムクゲが2~3個、杉林には雑草に交じって白ホトトギスがあちこち咲いていました。
 
山道横の林には栗が一つ落ちていました。
「かってここは栗林であった」そうです。
 
道場の裏の田んぼでは稲の天日干しに使われたのでしょう稲架(はざ)が取り込まれるのを待っているようです。
風もないのに時折り木の葉が舞って季節はもう秋であることを知らせていました。
 
9時から日曜座禅会です。
7時過ぎにはIさんが入山され、居士寮・禅堂の掃除機かけをやって下さいました。
7時半頃、珍しくYさんが見え、思わず「ウエルカム‼」とふざけた声を掛けたりもしましたが「今日は仕事なので参加できません。チョット用事があって来ました」とのことで早々に下山されました。
 
8時前後から常連が次々と入山し、堂内の掃き拭き掃除や、風で散った落ち葉を掃きあつめるなどして清々しい道場を甦らせて下さいました。
 
誰か言ったのか“道場は心の故郷”の言葉がふと思い起こされました。
  
元禮
 
---
編者註
*:留護(りゅうご)
房総禅道場が昭和58年に落慶した当時は、土曜日の夜に二人の会員が交替で宿泊し、建物の点検などをしました。これを留護といっていました。
その後、宿泊せず一人で各棟の開放などをするやり方に代わりましたが、今年度よりそれもなくなりました。
 
房総ブログ には画像もアップしてあります。
- 『房総禅道場通信』第183号 2018.9.14.
 
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
 
【2】行事のご案内
 
<1>9月16日(日)9:00房総禅道場『日曜座禅会』
毎週1回 日曜日に開催
 
◎日程(行事等の関係で変更する場合もあります)
8:50 板木の合図(入堂を始めます)
9:00 静坐(座禅・坐禅)約45分、諷誦(読経:般若心経)
     懇談会
 
9時前に来られて境内の散策をしたり、お掃除などをして9時からの座禅に臨んでいます。
 
・初めての方へ
静坐の仕方、作法等のご指導をしますので、事前にご連絡の上30分前においでください。
用意:坐禅のできる服装(細すぎない滑りにくいズボン、和服の場合は袴、長いフレア系スカート等)
 
こちらもご覧下さい。 
『日曜座禅会(日曜静坐会)』(房総禅道場の歴史と行事より)
 
 
 
 
- - - - - - - - - -
 
--------
<2>9月16日(日)写経の会(『典座教訓』を読む)
毎月1回 第3日曜日 
 
10:00(日曜座禅会終了後適宜開始)
・写経(般若心経)
・原則として手本・用紙・道具は各自で用意します。
(初めての方には用意もできますが、事前にご連絡ください。)
 
11:00 輪読(『典座教訓』を読む)
今年の4月から、輪読を始めました。
少しずつ読み進め、感想を話し合っています。
 
テキスト:典座教訓・赴粥飯法 道元(著),平野正章(訳)
参加費:無料 (テキストのない人はコピー代実費)
  
関心のある方は、どなたでもどうぞご参加ください。
 
写経の会(典座教訓を読む)』(房総禅道場の歴史と行事より)
 
 
--------
<3>9月16日(日)10:15 有楽流茶道部
毎月1回 日曜日
静坐会のあと午後2時ころまで約4時間稽古しています。
 
参加者7~8名ほどで稽古をしております。
 
長い方で二十年以上、短い人で今年からの方と様々です。
二班にわけ先輩、先生が丁寧に指導してくれます。
 
隔年に生徒の発表会を兼ねたお茶会も当道場でおこないます。
お茶に興味のある方どうぞ気楽にご参加下さい。
 
四季折々の四街道の自然も満喫できます。
おいしいお茶、お菓子も味わえます。
 
日曜静座会の参加者には、お客としてお入りいただければ幸いです。
お手前(点前)をする部員にとっても良い稽古となりますので。
 
有楽流茶道部 (房総禅道場の歴史と行事より)
 
 
 
--------
<4>10月6日(土)緝煕(しゅうき)会(女性のための静坐会)
毎月1回 第1土曜日 (会場:房総禅道場 緝煕寮)
 
9:00~11:30 
 
静坐(45分)、輪読、抹茶、懇談
 
参加費:300円(お抹茶・お菓子代)
 
緝煕会のご案内 (房総禅道場の歴史と行事より)
 
10月6日の見学の申し込みなど
--------
<5>10月6日(土)仏教講座第3期 『維摩経』(3)
13:45 受付
  前回の復習
14:30 講演
 
受講料:1回 3,000 円
会場:擇木禅道場 JR日暮里駅より徒歩5分
〒110-0001 東京都台東区谷中 7-10-10 
 
擇木ブログ - 第3期仏教講座『維摩経 生活の中にある菩薩道』
 
========
 
<<予告>>
 
10月21日(日)
 
8:30 受付開始 
9:00 静坐(日曜座禅会)(希望者には老師との面談)
10:00 入堂 
10:15 講演「ドリームマップと禅」
12:15 講演終了
12:30 懇親会(芋煮会 中庭にて、山内の散策も可)
14:00 終了予定
(受付は9:50までに済ませてください)
 
送迎:JR四街道駅の南口ロータリー または 千葉都市モノレール千城台駅の駅下
8:20 (要予約 配車の都合により)
 
用意:坐禅のできる服装(細すぎない滑りにくいズボン、和服の場合は袴、長いフレア系スカート等)
 
会費:2000円(懇親会も含む)
 
--------
<2>第174回房総禅道場摂心会
11月17日(土)~24日(土)
 
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
 
**************************************
ご意見・ご感想などをお寄せください
**************************************
 
【ご意見、ご感想、掲載・配信等に関するお問合せなどはこちらから】
↓↓↓↓↓
 
*******************************
 
人間禅 房総禅道場
 
〒284-0032 四街道市吉岡1010
 
*******************************

日曜坐禅会 吹き抜ける風

カテゴリ : 
ブログ » 静坐会・行事
執筆 : 
惟然 2018/9/9 23:50
天候は晴れ、数日涼しかったのですが今日は暑さがぶり返しました。
道場に向かう車の運転席は朝日が眩しく稲刈りの終わった田んぼも多くなり深まりゆく秋を感じました。
 
本日(9日)の座禅会は不説が直日を担当させていただきました。
参加者は20名で新到者はいりませんでした。
 
初めて他支部のT居士が参加されました。
私は四街道坐禅塾で一度会っていましたが、残念にもお声を掛けるきっかけをつかめませんでした。
 
窓は網戸にして坐りました。
道場内はエアコンの音もなく、時折ツクツクボウシのなき声が聞こえ、
網戸を通して時おり右手(隠寮側)から左手に緩やかに吹き抜ける風を、気持ち良く感じます。
皆さん心地良く充実した静坐(座禅・坐禅)ができたこととと思います。
 
連絡事項として、元禮さんから10月21日(日)の「文化講演会(ドリームマップと禅)」と「芋煮会」についてのご案内がありました。
 
読経後の懇談会では、86歳の実乗さんもお元気にお話しされておりました。
 
ここのところ中国地方の大雨災害、大阪での台風被害(貝塚市に住む身内は初めて感じた強風とのこと)、そして北海道の地震。
お亡くなりになった方々に心からご冥福をお祈り申しあげるとともに、
被害にあわれました方々について衷心よりお見舞い申しあげます。
 
人命を多く失い復興もままならないなか、宮沢賢治の『雨にも負けず』という詩を思い浮かべました。
 
合掌 不説 、一心 拝
Copyright © 2013 人間禅 房総坐禅道場 (Powered by ImpressCMS)