メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
房総坐禅道場
房総支部 房総坐禅道場

〒284-0032
  四街道市吉岡1010

お問い合わせは⇒こちら


または
090-7188-4873
  久保田
090-9827-8261
  みつなが
に電話ください。


このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
投稿者 : 房総支部 on 2018-07-25 13:41:15 (24 アクセス)

ドリームマップとは、夢を描き、人生を豊かにするためのツールです。

見えない末来への恐れや自信のなさは、ほとんどが自分で自分にかけたこだわりや妄想です。
禅はそうした念慮を手放し、自然な自分を取り戻す実践です。

主体的に生きるというドリームマップの理念と、禅との関係が、今回のテーマす。

期日:2018年10月21日(日)

講師:三輪裕子氏(ドリームマップ普及協会副代表)

日程:
 9:00 日曜座禅会(静坐会)
 9:50 受付
10:15 講演
12:30 芋煮会
 ~14:00 終了予定

参加費:2,000円(芋煮会会費含)

会場:人間禅房総道場
 ご希望によりJR四街道駅まで送迎します。


投稿者 : 房総支部 on 2018-07-25 12:44:04 (21 アクセス)

第173回 房総道場 摂心会(せっしんえ)
平成30年8月11日(土)夜 結制 ~8月18日(土) 円了・懇親会

担当師家:千鈞庵(せんきんあん)佐瀬霞山老師

<摂心会とは>⇒(ここをクリック
一部の日程でも参加できます。ご連絡ください。

<提唱・法話日課> 19:30~ (19:00より下読み)
12日(日)千鈞庵老師  『臨済録抄』第5章 説心地法
13日(月)千鈞庵老師  『臨済録抄』第6章 平常無事
14日(火)千鈞庵老師  『臨済録抄』第7章 真正見解
15日(水) 放 参     提唱・法話はありません
16日(木)抱石庵老居士 法話
17日(金)千鈞庵老師  『臨済録抄』第8章 無依道人
3月31日(土) *結制日 19:30 結制茶礼(始まりの式)
 
<平常日課表> ⇒(ここをクリック

<結制日><放参日><円了日> ⇒(ここをクリック

<持ち物>
・静坐のできる服装(ゆったりとしたもの、着物の場合は袴、長めのフレアスカートも可)
・作務のできる服装(作業ができる服装、帽子、タオル)
・タオル ・下着 ・着替え ・常用薬 (洗濯もできます)

宿泊者
・洗面用具 ・寝間着 (・シーツ 持参可) (入浴もできます)
(なお。荷物は一つのバッグに収まるように工夫してください)

<参加費>
・会員 一般・他支部3000円 主婦・学生 1000円 未会員  無料
・食費 1食300円
・ふとん代 500円(摂心会を通して 泊数によらず)
・懇親会 一般 1000円 主婦・学生 500円

<その他>
・坐具(座布団)、食器、名札等は道場で用意したものを利用していただきます。
・椅子での静坐(座禅)もできますので、お申し出ください。




投稿者 : 房総支部 on 2018-05-06 22:42:40 (73 アクセス)

立ち止まることが許されない、めまぐるしい社会の中で真の精神的な確立を達成するには、どういった働きかけが必要か、
日本社会、若者への提言をまとめた渾身の一冊です。
 
人づくり 肚づくりと禅

 
丸川雄浄(葆光庵丸川春潭老師)[著]
発売日:2018年 4月 25日
本体 2,000円+税

—————————–
■目次
第1章 「相対樹と絶対樹」から「人づくり・肚づくり」を読み解く
第2章 「肚づくり」の現状とこれからの進め方
第3章 臨済宗伝法の師家への参禅弁道による 道眼(胆識)の車輪
第4章 臨済禅における人間形成の階梯
第5章 人間形成の禅の現代の担い手は在家禅である
第6章 「考えない力」の養成で人づくり・肚づくり
第7章 「人間形成の禅」の実社会における展開
第8章 人間形成とは三昧を身に付けること
第9章 結語に代えて、人づくり・肚づくりの総括
—————————–
【内容紹介】
自己の確立、安心立命、
見性悟道よりなる
人間形成の改訂を開示する。
その実生活への展開、
また企業人としての生き方に敷衍する。
政治も経済も生活様式も、ますます目まぐるしく変化し、
ゆっくり立ち止まって考えることを許さない社会の中で、
「本当の精神的確立」をするためには、
この日本の社会にどう働きかけたらいいかを、
若い人達を中心に日本の社会へ示す必要があります。
難しい問題ではありますが、
論議を巻き起こしつつとにかく先へ進む
一歩を踏み出さねばなりません。
本著では、私の40年にわたる
住金時代の経験(技術開発・研究開発)と
学生時代からの60年になる
在家禅の修行「人間形成の禅」
の経験を総合して、
人づくり・肚づくりについて綴ってみたいと思います。
(「はじめに」より)
 
説明文は 出版社:サンガのHPより引用


投稿者 : 房総支部 on 2018-02-08 12:52:06 (138 アクセス)

葆光庵丸川春潭総裁の処女作「坐禅の効用」が出版されました!

こちらのホームページに掲載されている「座禅の効用と効果」から大幅に加筆、更にわかりやすくなった上に数息観の手ほどきも加わって内容充実の書籍となっています。

  

Amazonでも販売されたばかりですが、130日現在で既に、Amazon「禅」のカテゴリーでは1仏教入門のカテゴリーでは14位にランクされました。
  

特に「禅」のカテゴリーでは鈴木大拙の「禅」、鈴木俊隆 の「禅マインド ビギナーズ・マインド」を押さえて堂々の1位となっています。
  ※
ランキングは1時間ごとに更新され変化しています。

  

 

臨済伝法の師家が語る


坐禅の効用


実社会における「人間形成の禅」の展開

 

 

http://takuboku.ningenzen.jp/uploads/ckeditor/images/20180129011217.png


画像をクリックするとAmazonのページへジャンプします。

 

出版社: サンガ

ISBN-10: 4865641130

ISBN-13: 978-4865641134

 

集中力・三昧力を高め、人間形成を促し、悟りへと導く。初心者にわかりやすい数息観の実践。臨済宗円覚寺の居士林に端を発する宗教団体「人間禅」が実践する、数息観法を初心者にもわかりやすく解説する。目指すところは「人間形成の禅」であり、本書の実践を入り口にして、全人格的な向上へと進む、その坐禅修行の実践と心構えを現総裁が説く。

 

丸川雄浄(葆光庵丸川春潭)

まるかわかつきよ(ほうこうあんまるかわしゅんたん)

1940年生まれ。大阪大学理学部化学科卒業。住友金属工業株式会社和歌山製鉄所入社、のちに同社総合技術研究所上席研究主幹、同社技監。

東北大学工学部工学博士。大阪大学特任教授歴任。日本鉄鋼協会理事歴任。北京科技大学客座教授。(中国)東北大学名誉教授。(中国)鋼鉄研究総院技術顧問。

1959年、耕雲庵立田英山老師に入門。1960年「春潭」道号授与される。

1993年、庵号授与。2005年、師家分上印可授与。2005年、人間禅師家。2006年より人間禅第五世総裁

 

 

「禅の効用」と、数息観の手ほどき

禅の初心者に送る、浅きから深きへの道。

 

禅の効用を初心者にどう説明したら良いかを考え、人間禅のホームページにブログとして「坐禅の効用」をシリーズで掲載してきました。

数息観の手ほどきも合わせて本冊子の刊行をすることにしました。基調は「人間形成の禅」であり、浅きから深きへ、そして低きから高きへ人間形成が進み、最後は「無功徳」の境地まで人間形成の境涯が向上するのですが、そのごく始めのところに照準を合わせた「坐禅の効用」をここでは著しており、こういうものも本格の人間形成の禅に進むための導入書として活用いただければ一定の役割を果たせるのではないかと考えました。(「まえがき」より)
 


投稿者 : 房総支部 on 2018-02-07 18:03:25 (145 アクセス)

「禅の効用」と、数息観の手ほどき
禅の初心者に送る、浅きから深きへの道。
 
葆光庵丸川春潭総裁の「坐禅の効用」が出版されました!
 
人間禅擇木道場のホームページに掲載されている「座禅の効用と効果」を大幅に加筆し、更にわかりやすくなりました。
その上、数息観の手ほどきも加わって内容も充実しています。

 ↑amazonへリンクします
 
禅の効用を初心者にどう説明したら良いかを考え、人間禅のホームページにブログとして「坐禅の効用」をシリーズで掲載してきました。
数息観の手ほどきも合わせて本冊子の刊行をすることにしました。基調は「人間形成の禅」であり、浅きから深きへ、そして低きから高きへ人間形成が進み、最後は「無功徳」の境地まで人間形成の境涯が向上するのですが、そのごく始めのところに照準を合わせた「坐禅の効用」をここでは著しており、こういうものも本格の人間形成の禅に進むための導入書として活用いただければ一定の役割を果たせるのではないかと考えました。(「まえがき」より)

概要解説はこちら ⇒ 「坐禅の効用」
 


Copyright © 2013 人間禅 房総坐禅道場 (Powered by ImpressCMS)