メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 7月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
房総坐禅道場
房総支部 房総坐禅道場

〒284-0032
  四街道市吉岡1010

お問い合わせは⇒こちら




このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google
検索
投稿者 : 惟然 on 2019-06-21 21:05:21 (51 アクセス)

バーベキュー懇親会

房総道場の木々の緑も一段と色鮮やかになろうとしている今日この頃ですが、
昨年に続いて日曜座禅会の後バーベキュー懇親会を催し、
皆様方との親睦をはかりたいと思います。
 
下記のごとく梅雨明けを見計らって開催しますので、
お誘いあわせの上奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。
 
 
◇期日 7月21日(日)
 
◇場所 房総坐禅道場屋外(雨の場合軒下にて)
 
◇当日のスケジュール
10:30~ 準備
11:15~ 懇親会開始
13:00    後片付け、解散
 
◇メニュー
・バーベキュー
・おにぎり
・いわしのつみれ汁
飲み物・・・ビール、ノンアル、ウーロン茶他
 
◇会費 1000円
 
◇申込期日 7月18日(木)まで
 
◇担当責任者 東上床鉄心
 
以上
 


投稿者 : 房総支部 on 2019-06-20 17:16:07 (67 アクセス)

令和元年度「第36回子ども禅のつどい」(心をきたえる会)のご案内を申し上げます。
林に囲まれた静かな房総道場で、普段できない坐禅を通して、
心をきたえる体験してはいかがでしょうか。
下記の通り行いますのでご参加ください。
 
 ━ 記 ━
 
1.目的
1 普段の生活では体験できない坐禅を通して、集中力をつけ心をきたえます。
2 みんなと一緒に生活をして、決まりを守ることを学びます。
 
2.とき
令和元年 7月27日㈯ :午前 9時45分、集合から
 7月28日㈰:午後 2時30分、閉会式まで。
(一泊二日)

3.ところ
房総坐禅道場

4.対象
小学校 3年生から6年生まで。

5.参加費
4千円(食費、宿泊費、保険料など)

6.申込方法
「参加児童の氏名・性別・学校名・学年・保護者名・住所・電話番号」
を書いて申し込んでください。

7.申込〆切 7月20日土 15名(葉書・faxでの申し込みを含む)で締め切ります。
(参加不可の場合は連絡します。)

8.主催
 子ども禅のつどい実行委員会

詳細・予約はこちらから↓
http://www.ningenzen.jp/bousou/modules/eguide/event.php?eid=926


投稿者 : 惟然 on 2019-04-03 01:03:23 (129 アクセス)

第41回 禅体験会のご案内
 
坐禅市民サークル「禅と茶の集い」では、今年度も初心者のための「禅体験会」を開催します。
一日だけの参加でも結構ですので皆様お誘いあわせのうえ、ご参加ください。
 
 
1:日時
2019年6月7日~6月28日 毎週金曜日
午後6時30分~ 全4回
 
2:会場
千葉市中央コミュニティセンター 5階和室
千葉市中央区千葉港2-1(千葉都市モノレール・市役所前駅 徒歩1分)
 
3:講義テーマと講師の紹介
6月 7日 禅とは・坐禅の仕方
6月14日 禅と心
6月21日 禅と茶(抹茶をいただきます)
6月28日 坐禅について
 
4:日程
18:30~19:30 講義
19:30~19;45 質疑応答
19:45~20:30 坐禅(21日のみ点茶あり)
 
5:会費
全4回で1000円(レジュメ、茶菓子代) 1回500円
 
6:定員 15名
 
7:用意するもの
筆記用具、坐禅できるゆったりした服装(ジャージなど)
 
 
9:申し込み
電話 会長:登坂 043-264-7614


投稿者 : 惟然 on 2019-01-19 04:41:33 (240 アクセス)

若葉座禅会
 
静かに息をかぞえて、ありのままの自分と向き合ってみませんか?
気分爽快!ストレス解消!
初めての方は30分前に来ていただければご指導します。
(ゆるめのパンツかジャージを用意してください)
 
■開催日■(原則)毎週木曜日午後6時から7時
 
会場■千城台クリニック隣の寿クラブ3階会議室
(脇の階段を上ると屋上に入り口があります。)
 千葉市若葉区小倉町829 FAX:043−231−9161
■会費■いただきません。

 
■申込■ ※参加希望者はメールかFAXでお問合せ、または直接会場へお越しください。
メール:simitsu@kotobuki-club.jp 光永 
 
・この座禅会への思いを一言
  
 もともと私は大学生になった頃から坐禅に興味があったのですが、独りで道場を訪ねるのは当時の私にはハードルが高くそのままになっておりました。30歳になった頃にたまたま大学の先輩が老師について本格的に坐禅修行していることがわかり、半年ほどその先輩に座り方を教わった後に老師を紹介して貰い、その1年後に老師に正式に入門。以来30年が過ぎ、現在に到っています。
 日々の生活の中では未だにいろいろとうまくいかないことも有り、その多くは理屈で考えても解決がつかないことばかり、家族の問題や仕事上の問題も今もって上手くいかないことが少なくないのですが、それでも坐禅を続けていることで自分の人生にある種の「ぶれない軸」ができており、そのためへこたれることなくやってこられているような気がします。
 人生を生きぬいてきく上での多くの問題は自分自身が変わらない限り解決できないことばかりではないでしょうか。対人関係の問題の場合には人の気持ちを慮ることはできるかもしれませんが、他人の気持ちを理屈で説き伏せて変えさせることはほとんど不可能です。自分にできる事はただ自分自身の心の持ちようを変えること。そのことで相手との人間関係が自然に変化し、結果として相手の気持ちが変わっていくということでしか解決できないのです。自分自身の気力の不足やモチベーションの低下に基づく諸問題もただ頑張るだけではどうしようもないことが多いと思います。そんな時にはとりあえず頭の中に渦巻いているいろいろな思いを全部手放してしまって、その奥に潜んでいる本当の自分と向き合うことで解決の糸口がつかめます。
 それをする為の一つの方法が坐禅です。私は今この30年間曲がりなりにも坐禅を続けてきて本当に良かったと思えています。もし坐禅がなければもっと困難な人生になっていたように思えます。そして、これからは自分の為だけに修行するのではなく、もっと若い人達にも自分がやってみて心から良かったと思えるこの道を勧めたいと考えています。一昔前は学生時代に始める人が多かったのですが、私自身は社会人になってから始めました。職場での苦労や、結婚、子育ての苦労を経験し、何とかしたいと考えている人にこそ、坐っていただきたいと思っています。もちろん、集中力をつけたい、武道や芸事の上で一層の技量を磨きたい、坐禅で肚を練り上げることによって人間力を向上させたい、などという動機で坐禅を始める方も大勢おられます。
 どうかお気軽にご参加下さい。また、自分の周りに坐禅してみたいという方がおられましたら、この座禅会があることを教えてあげて下さい。どうかよろしくお願い申し上げます。
 
合掌 光永道虔 拝


投稿者 : 房総支部 on 2018-05-06 22:42:40 (242 アクセス)

立ち止まることが許されない、めまぐるしい社会の中で真の精神的な確立を達成するには、どういった働きかけが必要か、
日本社会、若者への提言をまとめた渾身の一冊です。
 
人づくり 肚づくりと禅

 
丸川雄浄(葆光庵丸川春潭老師)[著]
発売日:2018年 4月 25日
本体 2,000円+税

—————————–
■目次
第1章 「相対樹と絶対樹」から「人づくり・肚づくり」を読み解く
第2章 「肚づくり」の現状とこれからの進め方
第3章 臨済宗伝法の師家への参禅弁道による 道眼(胆識)の車輪
第4章 臨済禅における人間形成の階梯
第5章 人間形成の禅の現代の担い手は在家禅である
第6章 「考えない力」の養成で人づくり・肚づくり
第7章 「人間形成の禅」の実社会における展開
第8章 人間形成とは三昧を身に付けること
第9章 結語に代えて、人づくり・肚づくりの総括
—————————–
【内容紹介】
自己の確立、安心立命、
見性悟道よりなる
人間形成の改訂を開示する。
その実生活への展開、
また企業人としての生き方に敷衍する。
政治も経済も生活様式も、ますます目まぐるしく変化し、
ゆっくり立ち止まって考えることを許さない社会の中で、
「本当の精神的確立」をするためには、
この日本の社会にどう働きかけたらいいかを、
若い人達を中心に日本の社会へ示す必要があります。
難しい問題ではありますが、
論議を巻き起こしつつとにかく先へ進む
一歩を踏み出さねばなりません。
本著では、私の40年にわたる
住金時代の経験(技術開発・研究開発)と
学生時代からの60年になる
在家禅の修行「人間形成の禅」
の経験を総合して、
人づくり・肚づくりについて綴ってみたいと思います。
(「はじめに」より)
 
説明文は 出版社:サンガのHPより引用


Copyright © 2013 人間禅 房総坐禅道場 (Powered by ImpressCMS)